C行動する市民、行政、ほかから聴いたこと観たこと

岩佐幹三さん ヒロシマをかたるから

子供たちに語る 8月6日・ヒロシマからS

 ・・・・・・・・妹を毎日のように探し歩いた僕も、丁度一か月たって急性症状で倒れました。身体じゅうに赤い斑点が出て、歯ぐきや鼻からは出血し、喉が焼け付くように痛み、昼も夜もわからぬ日が続きました。十六歳という若さからか、何とか回復することができましたが、あの死を前にした不安は忘れられません。その後も悪夢にうなされることがしばしばでした

 多くの被爆者が、死の淵を何とか乗り越えてきましたが、原爆の魔の手はその後も引き続いて被爆者の「からだ」「くらし」「こころ」のすべての面で襲いかかっています。被曝後四十数年のあいだ、被爆者は、様々な不安と死の恐怖にみちた「つらい生」を背負わされてきました。特に昭和三十年代後半からは、ガンにかかる率、死亡率が一般国民よりもはるかに効率となっています。また、先の日本被団協の調査では、およそ四人に一人が「こんなにつらいのならあの時死んだほうがよかった」と生きる意欲の喪失する感じだったことがあるという体験を持っています。今なお被爆者をそこまで追い詰めているのです。

 あの日、原爆はこの世の地獄を作り出したといわれますが、生き残った被爆者にとっては「生きるも地獄」なのです。このような原爆、核兵器の被害を許してよいものでしょうか。原爆の被害は、国の戦争政策の結果もたらされたものです。国にはあの戦争に対して責任があることを明確にしなければなりません。だから被爆者は四十数年たった今も、核兵器の廃絶と被爆者救援法の制定が求めて運動を進めているのです。援護法とは、日本国政府が「再び被爆者をつくらない」ことを世界の核国政府の先頭に立って訴える、その決意の証となるものなのです。

 こういうことは体験者でなければ語れません。語り継ぐことは大変な仕事ですが、それは人類の未来にかかわる問題です。被爆者は、そのような歴史的使命を担っているのです。そして、それを受け止めてくれる世代、それはみなさんをおいてほかにありません。被爆者にはもう時間がないのです。被爆者が死に絶えたら、だれがこのことを伝えられるでしょう。みなさんが、被爆者が抱える問題と要求を自分の問題として受け止め、自分の周りに伝え、次の世代に残せる人々の結集に努めてくださることを期待したいと思います。

                     (金沢大学教授 岩佐 幹三)

資料 岩佐幹三 「子供たちに語る、八月六日・ヒロシマから」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  福島 3重苦の中の地域 仮設住宅への支援にための・芋ほり・大根堀

このまちには 毎月カンパで経費を賄い、八街の農家の協力もえて

野菜を収穫し、分けてもらい、その他のもの{もちなど)も含めて今月は29日、

11人のボランチアが

朝6時出発  福島の仮設住宅に  11時過ぎ到着

笑顔の応酬。 22回目になる。福島の3重苦・辛酸をなめている

方々と交流・  私らは喜びをいただいている。今年は体を壊し

いけなかったが早く直しまた一緒したい。

Sdsc02475

  S201212_051

S_2_004

S201212_060カゼと埃と寒さの防御。、 

S201212_111

S_2_004_2 121125_110501 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝陽をあびて  気持ちよさそうな花たち  団地ボランテァィアのおかげ

S2012_1117_032 朝陽をS2012_1117_028 あびて  気持ちよさそうな花たち

S2012_1117_025 S2012_1117_030

S2012_1117_033 S2012_1117_029

S2012_1117_034 梅雨にはアジサイ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K氏より   T氏より  Hしより・・・・・・・

K氏より

放射性物質ではなく、この動画が全国に拡散してほしいものです。­

《米国 エネルギーアドバイザー アーニー・ガンダーソン》
    http://www.youtube.com/watch?v=f78mSUbwIeM&hd=1

2012327アーニー・ガンダーセン氏 原子力技術者 2012.2.20 来日記者会見. 2012-03-25 05:07 :49 テーマ:ブログ. アーニー・ガンダーセン氏 原子力技術者 2012.2.20

被曝問題についてIAEAとWHOの関係や、IAEAが国連安保理に繋がっており、内部被曝を隠蔽する根源が赤裸々に示されています。

http://www.youtube.com/watch?v=oryOrsOy6LI

    あきらめないまち  石巻

    その力におれ達はなる

    石巻工業高校生。春の高校野球選抜大会宣誓

    人間って すごい

    私は昨春に3回石巻に兄の霊をたずねた。 ・石巻市は人口16万人だが死者・行方不明は最大の4000名近く。海岸・北上川沿いが殆ど壊滅。今でも石巻と聞いただけで足がすくむ。想像だが人々がもがくようすも臨場感をもって地獄のような場面でくる出てくる。現地の被災者の心労・苦労はいかばかりか想像できない。

    すくむのはそれだけではない。隣町の女川原発周囲の様子がセットされて出てくるからだ。実際に原発のことで最近の友人の知らせによると「女川原発は危機一髪3・11は外部電源5本の内、地震発生後生き残ったのはたった1本、4月7日の大余震で生き残ったのもたった1本。しかも前回と今回では通じたのは別別、本当に危なかった。」

    女川原発は 福島原発よりも震源地に近い。女川町は津波が40㎡を超えたと今月の調査。しかも40年使用の福島原発と同系の原発。福島原発後、3大紙はまるで見てきたように、「女川原発は安心できるのはなぜか」とうそっぽい大きな記事を載せ、東北電力は再開方針を述べていた。

    しかし写真で見るように津波だけでは説明がつかない。地震による亀裂が原発周辺に及んでいた      以下略

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しみな 知人・友人からの配信  2つ紹介

沖縄の友人への返事

貴兄の配信、楽しみにしています。

まったくだ、とうなずいてみています、刺激を受けています。 貴兄は

最近、(ますます )マスコミは真実を伝えず、巧みに世論を誘導する。
(
これまでにもまして)そこに自らの生きる道を見いだしているかのようだ。と記していますが

全くですね


1954ビキニの3ケ月後ブラボー水爆実験を強行、日本国民の反対運動が高まった中でアメリカの対日世論工作責任者ダニエルSワトソンは「核兵器に対する日本人の過剰反応によって、核実験の続行が困難となり、原子力平和利用計画にも支障をきたす。そのため日本に対する心理戦略計画を検討すべきである。日本では特に大きな新聞。日本は新聞によって世論が形成される」と新聞を抑える政策をとった。

「資源の乏しい日本は原子力平和利用にうってつけの国と正力に言うと目を輝かせた」(NHKテレビ実録)…その後アメリカはビキニで日本政府に請求権を放棄させ1957年東海村でアメリカ側から提供された濃縮ウランで臨界に成功、原子力産業への道を開いていった。・・・・読売の正力社主は政府中枢に入り、中曽根議員は、法律で原発開発を国策にしていった。・・・福島原発の過酷事故のもかかわらず、当時からマスコミで大きな力を持った人は今も影響力を持っている。(大江健三郎、、大石又七との対談で)

ドイツの原発について調査してこられた木更津のTさんから

Untitled_2 アレーベンの反対運動のシンボルkarakaraマーク

反対運動の牽引者、マルティナ・ラマーズ(緑の党)さんが、
市民運動を成功するポイントを教えてくれました。

色いプラカードはゴアレーベンの反対運動のシンボルマーク

いい人脈
情報提供
何回でもデモや・プラカードでアピール
行政機関に入り、内部から変えていく
協力相手は他の組織から探すこと

不思議。

廃棄場所がないものを作り続けている原発。

使い続けている原発。

使い続ける限り、行き場のない廃棄物はふえる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

大飯原発再稼動    (関西電力)『ここの人ぐらいは知れとる』

大飯原発再稼動

2012年5月5日 TBS報道特集   18

報道題名  大飯原発  再稼動これだけあるハードル

大飯原発再稼動の説明後

小浜市は1972年と76年2度の渡って原発を阻止した歴史がある。

   

小浜地区 明連寺住職 中嶌 哲演住職

30年前原発労働者の駆け込み寺の住職 原発反対住民の信頼を集めていた人物

写真テレビよりS6i_065

住職「スリーマイルで起ころうが、チェルノブイリで起ころうが、福島でなに起ころうがバカみたいに同じ理屈を通しているんですね。

ナレーター 原発が必要だという理由は今も昔も電力不足だという。40年の運動を経て足りないと想うのは対話だという。

住職「絶対環境放出してはいけない、閉じ込めてはおかなければならない放射能の量がどれほどのもので、どれほどの放射能を蓄積していくものかということを、ただの一度もしゃべってないんですよ。こういう対話が必要だと想うんですよ。私のほうもお説教だけではためで、意見の違いを思い切り披瀝しながら双方呼応で話し合いしながら決めていく。」

大飯原発、最稼働を巡って

ナレーター 小浜地区は大飯原発からわずか4キロの地点だ。

ナレーター 小浜区 泊地区元地区長 波濤 弘さん は当時反対していたが、小さな意見ではどうにもならず地区を容認の形でまとめてしまったことを悔やんでいる。

波濤「わしは知恵を絞って関西電力に言うたよ。こんな便の悪いところに電気を作ってどこに送るんやと。『京都と大阪に送る』ってこうや。そんならば莫大な金がかかるだろう。あんな鉄柱をあちこちに建てて、京都と大阪の真ん中に作れいうたよ。わたしは。そしたら

(関西電力波涛さん、その通りや。あんたのおっしゃる通りや。しかし万が一間違いが起こったら京都も大阪も全部なくなるんや』

(波濤) ってこうや。そんなら間違ったらここはどうや。

(関西電力)『ここの人ぐらいは知れとる』

(波濤とこうや。こんなこというんやぞ。そんな悲しいことあるか」

S6i_068

THの意見『ここの人ぐらいは知れとる』の本音

「ここの人たちは知れている」 権力を持つ為政者は 福井の大飯原発地だけでなく 福島・青森・新潟・茨城・・・・54の原発所在地の人数は「たかが知れている」ということで 膨大な(税金と電気料金)の金をつぎ込んで経済成長(利得)のため原発を作ってきたのだ。被爆者が出ようと、避難者が生まれようと、ふるさとを追われようと、家族バラバラになろう、遺伝子を壊し人生に重荷を負わせようと「ここの人たちは知れている」。利得のために原発開発を進め、起こるべくして福島事故に行きついた。懲りずに原発輸出まですすめようとしている、

人の命は「一人以上にも一人以下にも数える事が出来ない」唯一のかけがいのない存在です。為政者は忘れてしまっている。人間感覚のマヒにはまったく驚かざるを得ない。ヒロシマ、ナガサキ、ビキニの被爆者を軽視し、原発の安全性と必要性を説いて稼働・開発進めてきた為政者を許してきたことに私も責任があります。もともと命のために経済があること。経済の

本来の意味―経世済民であること 人々の命こそ唯一の希望であり活路だということを肝に銘ずじたいものです。

「あなたがいて私がいる」(法務省人権の集い4街道での1等入選)   これで行こきたい。成長と安全神話の呪縛を取り払い、いたわりと支え合いのある生き方、社会、子供優先の社会を本気で追及している人たちから学び手をつなぐことで明るくなっていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平和と文化のつどい

友人から

クリスマスに
こんなイベントを開催出来る

四街道の街の素晴らしさ  というメッセージを先ほどいただいた。

   井上ひさし原作の『父と暮らせば」の上映会

   約700人が集まり 魂が揺さぶられ涙をぬぐった。

   すべてが手作りの企画 宣伝  

   千葉県被爆者友愛会の全面的協力の原爆展

   近所の方も

   かっての職場の友人たちも来てくれて

   一緒に歌を歌い

   家で折ってきた折ずるで会場に飾った

   今日はクリスマスの日

  被爆者のうめきをつづった

  『父と暮らせば」はたしかに聖書だ

20101225_3 20101225

20101225_620101225_5j

20101225_7

20101225_2

S_017

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花で心でつながって  秋  団地の手づくりの花道   

S_070 S_069 S_068 S_084_2 S_066  S_067 S_072 S_076 S_079_2 S_085_2 花で心でつながって

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「命の作法」  3せい運動  

続き   命の作法

映画「命の作法」にお寺の住職さんが登場します。太田元村長です。面白い人で  境内にマタギの伝統的な生活用具を保存する一方 村長時代は サンセイ運動を村政の基本においてきた。

“サンセイ”運動とは産制(産児制限)運動ではないよ、とかいって本堂で講話を受けていた私たちのほうを向いてニヤリとした後「3せい」運動を説明し始めた。

私たちがが知っている沢内村のこし方は貧困 豪雪 その結果としての乳幼児死亡率日本一のまちでした。しかし 「3せい」(注1)を合言葉に死亡率ゼロ 医療費の全面的公的負担をやり遂げていったのでした。一人でせい、二人でせい  みんなでせい という  という風に。 いま流行の言葉で言えば自助 共助 公助ということですが3せいのほうがはるかに言葉が生きてはたらいています。

この町の歴史の一端を少ししっていたので、いまもその助け合う文化がまちの中に遺伝子のように生きているのがうれしく頼もしく思いました。

ところでこの間日本の為政者は 「一人でせい」の自律の意味を“自己責任”にすり替え、「二人でせい」の助け合い協同を競争で分断し、「みんなでせい」の公助を 公費削減(小さな政府 社会保障削減)で事実上否定してきました

一方日本は世界に類例を見ない米軍への思いやり予算を増やしつづけ 自衛隊は軍事費としては世界3位といわれる5兆円をこえ、企業の法人税の累進課税率を大幅に引き下げ数兆円を貢ぎました。結果、貧困化率(ジニ係数、格差率)はいわゆる先進国中最低でアメリカと並びました自殺は10年続けて3万人(未遂はその10倍)をこえ、虐待は子供と高齢者層に拡大し、20歳代の6割が非正規労働者になり 労働3権から隔離され人権はないがしろにされています。少子化の歯止めも利きません。

またこのような社会のために費やしてきた財政は 1000兆円の国債でまかない、国民一人あたり800万円のツケを次世代に回しました。我が家の孫家族4×2=8 都合8×800万円=6400万円もの付を国家からいただいて2010年を終えようとしていることになる。

このような誰も否定しょうがない事実が進行しています。ジワジワの衰退していくのか、それとも「ドボン」という陥没的な事態になるのか。日本の場合、国際社会を恐怖に陥れた債務国家ギリシャの例どころではない規模の大きさ深さになるでしょう。

さてそんな時にどうしたらよいか。「救う技法は“文化”」(人間の質の営み TH)ではないかと作家大江健三郎が言っています。

さて先に感想を寄せた方は「人生の苦しみの格闘の中で、つかみとった祝福こそが、“ごめんなさい”と“ありがとう”という言葉」と記していました。 今を生きる希望を含んでいると思いました。

なるほど人は分かち合い  たすけけあい  一人ポッチにしないし ならない、文化を持つ生き

だということを日常関係の中でかんじとることができる。「有り難う」と「三セイ運動」 を価値観にすれば何も怖いものはないだけでなく  希望を持つことができる。  映画からのメッセージでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日15日は  私にとって5×3(ご×み=15)つまりゴミ拾いの日だった。

S20091215_018

今日15日は  私にとって5×3(ご×み=15)つまりゴミ拾いの日だった。

毎月欠かさず15日には集まる。四街道をきれいにする会と呼ぶ。今回で74回目。

6年以上よくつづいたものだ。参加者のべ1800人を越え 駅前 住宅地  畑地 里山 林の中 高速道路沿い 学校周り 下志津病院など各地でひたすらゴミを拾ってきた。

なぜ続くの?。楽しいから?

ふーん?どうしてだろうなー。まずは今日の写真を見てください。

寒い朝9時からはじまった。

S20091215_025_2

S20091215_024 

  ポイ捨て者にお願い  捨て下さるなら拾い安いように捨ててくださいよ。坂下は捨てると拾うとき腰にわるいから。

さて今日はこの近くの企業から4人。市内の私立高校から6人のボランテアグループの女子生徒が

顧問の先生と参加。初々しい感想に爺さんボランチアたちが芽を細めていた。

S20091215_034 企業からはブラジルから働きに来ている青年がいた

S20091215_021S20091215_026

集まったゴミは大人が仕分け。

缶、プラスチック  ガラス

危険ゴミ などと分ける。

S20091215_027

その後に一コトかんそうをのべあった。

高校生の感想はこうだった。

『初めて参加しました。普段気にも留めなかったところにゴミが捨てられていた。

私も友達もポイ捨てしちゃっていた。 これからは自分もしないし友達がすれば注意するようにしたい」

「初めて参加。ゴミがいっぱいあって残念です。これからも参加します」

「四街道のために少し役立ってよかった」

この近くの住民参加者

『ここは貴方が暮らす町です。四街道のためでなく  私たちの町だからこそみんなでやってきれいなすみよい町にしたいんだよ」  先生『今日はたまたまテスト休みだったのでこれた。

駅からここに来る道すがらにも、住宅団地の中にもいっぱいおちていた。普段に拾うことも大事」

さてなぜゴミ拾いが6年つづいたのか.「継続は力」ジワジハ市民の中にひろがるからかなー。

          続く

S20091215_031         

私たち市民の力で四街道から放置ゴミと不法な産廃を一掃しましょう

出来る人から,出来る事をやっていきます。

一私はゴミを捨てません。

一家の周り、仕事場の回りのゴミもきづいたら拾います。

一ゴミゼロマーチ(当面毎月15日)に出ます。(年1回でも)

一不法な産廃に反対し撤去をもとめます

周りの方にも知らせます 

右のどれか一つに賛同し関わります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)