B地域の人から、暮らしから聴いたこと観たこと

千葉県飯岡の被災者とのおしゃべりからいくつか。

Sdsc02434  Sdsc02354_3 

千葉県飯岡の被災者とのおしゃべりからいくつか。

〇飯岡に生まれ育ったHさん。ほっとするもの飲みたい とダジャレをいって入ってきた。

  僕    「ダジャレがうまいね」

  Hさん「壁に向かっているよりはここがいいやね。kさん(生協職員)いるかね。好きなんだよ]   撲「おひとりで暮らしているの?」 

Hさん「そう。波乱万丈の人生だった。―云々―いま毎日絵を描いているんだ・」

向かい側に座った方 「この人ペンキ屋さんだったんだよ」

撲「そりゃうまいだろうね・観たいものだ」というと携帯にとっていた絵を見せてくれた 。支援者3人と坊さんの絵だった。人物画が好きだといっていたが猫や花の絵もあった。

〇毎日が苦だ。でもね・・・・

  「何もかも失ってしまった。でもね…しばしして・・自分には日本語がある。日本語を

操れば、人と会うことが出来る・出会えば人が好きになる。僕はそんな信条で生

きてきたんだ。人を幸せにすることが出来るんだ・・・・」

僕はこれを聞いてうなってしまった。苦難は人を「哲学者にする」ようだ。尊敬の気持ちになった・もっと聞きたい人だった。

〇89歳と86歳の老夫婦。軍隊やシベリヤの抑留生活を思えばこれっきしのことは。

撲「元気そうですね。何を食べているの?」氏「鳥の空揚げ・毎日だ。」撲「御子息さんたちは心配だろうね」

氏「4人。生きたいように生きなさいと言って育ててきた。私はね中野の無線学校を出て満州に召集されその後シベリヤに3年抑留されたんだ。軍隊や抑留の時を思えばこれしきの苦労は何でもない」 撲「どんな暮らしだったの?」

氏 「食べ物がなくてね・松の木の皮をはいで食べたんだ。皮と幹の間にあるところ、これが甘いんだ・・・・・・・・・・」   写真を撮ることも喜んでくれた。

 これを聞いた翌日24日シベリヤ抑留者協議会の会長が亡くなったとの知らせがあった。私の元職場の先輩で私の結婚式を取り仕切ってくれた方だった。鳩山元首相も列席した25日の斎場でわたしも焼香しながらふと飯岡の89歳氏のことがよぎった。 

被災者一人ひとりにはそれぞれの来歴があり、つながりがあり、苦難の社会で私たちと同時代を生きてきた個性のある尊敬すべきひとたちだった。話を伺うと、飯岡を愛し、浜を愛してきた。風光明媚な屏風岩のことを言うと、きもちがつうじた。港のそばで新鮮な魚介に恵まれ 温暖な気候の中でいきてきた。それは誇りだった。

会う人が気さくだったのは、

この仮設住宅には飯岡町のコミニチーの雰囲気が漂っていたと思った。もちろん継続している支援活動のおかげも大きくあずかっているからでもある。しかし毎日が苦である現実は変わらない・先の希望が見えないことほど苦痛はない。

ともすればと東日本の大震災も忘れがちだ・千葉にも被災者が多くおられることも県民の意識から遠ざかってしいがちだ。

12月の発表によると首都圏直下型地震・千葉沖大地震が30年以内に起きる確率が10%引き上げられ80.%台になった。明日にでも起こりうる。足元の千葉県を知りきずく機会としても飯岡支援の継続は貴重だととおった。関係者に感謝したい。

Sdsc02446

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セミ  蝉   セミ

セミ  ♪♪ 山は青きふるさと

          水は清きふるさと ♪♪    

 わたしら日本人にとってセミほどなじみの虫はない。今年の夏も同好会の蛍観賞の後、“みそら””旭が丘”両団地ともにそれぞれの中央公園の”セミ”の羽化を楽しんだ。喜こぶのは子供ばかりではない。大の大人があの木、この木と ”いたよ” “見てみて”“こっちきて”と暗がりの中で声を掛け合っている。童心そのものだ。かく言う私も

 脱皮の瞬間、静かにしずかに進む、あと7日間の命の連鎖へのページェントに見とれてしまう。淡い緑のような羽がくるっと逆さに出てきて頭を殻の上に乗せる瞬間に息を呑む。

 セミの不思議

 ”不思議”といっても生態学的な不思議ではない。それはその道の達人にゆずるとして、ある不思議に気がついた。「閑かさや 岩に染み入る セミの声」(山寺 立石寺)の芭蕉の句。知らない人はオバマ大統領と赤ちゃんと幼児だけだと思うほど、ポピュラーだ。山寺は郷里の仙台から近くだったので芭蕉の句に馴染んだせいかセミは日本の文芸に溶け込んでいるとばかり思っていた。ところが、数多ある日本曲の中にセミを歌ったものが他の生き物と比べて極端に少ない。いやない。「歌の玉手箱 音楽療法士 宮本晶子編」文芸社の歌集の、童謡、唱歌、民謡」を調べてみた。あった。珍しいので書き留めた。

作詞、さとう よしみ 作曲 中田

  せみ せみ  せみ せみ みんみーん

  どこにいるのか  せみ

  なかなかいないよ せみ

  なかなかとれない せみ

ひょっとして知らないのは私だけかも、

どなたか 文学 文芸 俳句など知っている方教えていただけませんか。

不思議その2

 私は“カナ カナ カナ カナ”となく”ヒグラシ”に暮れなずむ夕暮れ時の光景が浮かぶ。そして ツクツクボウシの鳴き声に子供時分に遊んだ仲間を思い出す。元気な気分になる。ミンミンゼミもいいが 交通事故の後遺症で耳鳴りがやまない今、油蝉のようなけたたましいのはちょっといけない。でも幼いとき良くとったせみなのでやはり懐かしさはある。”鳴き声”がどうしてあんなにでかくて美声で違うのか・・これは不思議だ。

    “アリとキリギリス”のイソップ童話

もともと“蟻と蝉”だったという。ヨーロッパ地域には蝉を見ない地域が多いという。そんな地域では「なまけもののセミがキリギリスに変身したとされる」(UP10月号)。しかし 蝉はキリギリスと違って鳴き、唄いまくり、まわりを楽しませ、樹液を吸って湖口を潤している。アリのように他の生命を食いちぎり犠牲にする昆虫ではない。夏は歌手として日中働いている。アリと対比してナマケモノにされるいわれはない。ありとキリギリスに代わってよかった。でもキリギリスを怠け者視するつもりはない。

蝉の鳴き声を聞けない恐ろしさ

 

「蝉の鳴き声がなくなった時ほど恐ろしさを感じたことはない」1945年8月9日、長崎に9歳の児童がいた。ピカッドン! 気絶。しばらくたって母の腕の中で正気に返った。

あれっ、今まで鳴いていた蝉の鳴き声がない。「じゃれついていた犬がいない」。「動く者もいない静寂の恐ろしさ」67年後の今も体に染みついた恐怖です。私はこれを聞いてかける言葉がなかった。

同じことをフクシマで体験した。Jブリッジから放射せん防御服を着て双葉町に車でむかった。20キロ荒れた田畑を挟んで大熊町・冨岡町・双葉町の正常な商店・住宅・食堂が軒並みをそろえて目に飛び込む。だが人の気配はまったくない。請戸に立ち寄った。600軒の住宅は壊滅。緑も小鳥も、セミもいない。無常、非情、不条理。放射線の恐ろしさ実感

福島の痛みをわが痛みに 人災 ヨーク考えたい

故郷のメロデーが浮かんできた。

いつの日にかえらん            いつの日にかかなえん

♪♪ 山は青きふるさと          山は青きフクーゥシィマー

水は清きふるさと          山は青きフクシマ   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彼岸花 白と赤の群生や見事

Sdsc00646_2 彼岸花 白と赤の群生や見事

Sdsc00632_2

丹念にそだてたNPOの方々に感謝しつつ観賞

Sdsc00649_2

Sdsc00648_2

赤もいいな

Sdsc00636_2

黄色も

Sdsc00615_2

キンモクセイ  ほのかな甘い香りに

赤と白と黄色に囲まれた近所の風情

育てた隣人やNPOに感謝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  四街道の魅力  里山

Sdsc00132 彼岸花  曼珠沙華  里地  四街道

9月末・千葉市のワーキンググループ  彼岸花観賞に四街道を訪ねる。そのかづ200余名とか。四街道の魅力・Sdsc00104 其の1山梨の神社

Sdsc00107

Sdsc00478

Sdsc00480

Sdsc00492

Sdsc00497

Sdsc00501

Sdsc00532 

おっと間違い。文化座の千羽鶴  おいて四街道

平和と文化のまちでもある。

Sdsc00474_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人を活かすやおよろずの神の住むところ

  人を活かすやおよろずの神の住むところ

No12

        

同好会ができたてのころSさんがいった。「身近な自然でこどもたちを遊ばせてあげたいんだよ」 と。確かに子供は自然のなかで遊んでこそ一人前の人間になる事が出来るという。亡くなられたSMさんは旧村などに残る神社の来歴やしきたりをしらべ語り残していただいた。古より子どもの心技を育てた景観の表現でもあった。鳥の下では黙々と体を動かす人たちによって休耕田がめだかの池やホタルの生息地に変貌し訪れる子供や家族がホットできる景観になっている。

定年になり時がたつにつれ

環境 景観とは「そこの生き物 動植物とひとびとが一緒に住んでいるところ」とその大切さを実感的に認識できるようになってきた。先達のおかげだ。当然にも生き物というのはみな「命」がある。

いま命を顧みない痛ましい子どもの事件があいついでいる。あるかたは言う。「子供たちが命の大切さを知らないとすれば、それはいのちの大切さを教えなかったからではなく 大人たちが豊かな自然のある空間を顧みることなく命をないがしろにする振る舞いをしてきたからである」と。

実はそれを実感したのは鮭が成田近くの多古町まで遡上していることを若い人たちに写真映像つきで話したときであった。「エーウソーわくわくするなー」「この千葉に?おれ栗山川のそばに住んでいるのに知らなかった。おれの生まれたところだよ、ほこっていいよなー」「さけの映像を見て子孫を残すための必死の姿、感動した。」「まだこんな場所もあるのか。

千葉には汚い川しかないと思っていた」と次々に感動の表情でかたる。ついでさけの遡上の環境が厳しい写真を見せると「俺がにごった汚いプールで泳ぐのと同じだ、」「コンクリートで産卵させるなんてひどい」「なんか悲しい」「はじめ感動したが安心して遡上できるようになってからやるべきだと疑問に思う」という意見が出始め鮭奉納の写真には「崇める大切な行事がされているのにそれにきづかず、自然の恵みに対する感謝さえなくなっている」そして「鮭からもらった恵みを鮭のすみよい環境づくりをし恩返しすべきだ」。若者のみずみずしい感性の言葉や文に接し「今時の子供は、若者は」と言いかねない自分がはずかしくなってくる。若者だけではなかった。

ある友人から

「素晴らしい話題ありがとう。生きるために不可欠な「水」が、山の涌き水や川から得ていた時代と水道やコンビニから手にすることが出来る時代の日常意識の変化=川や涌き水を生み出す山に感謝し大切にしてきた循環・持続思考文化から短期的な人間効率優先文化へ=「自然に対する感謝・配慮の欠如」・・・・その限界が見えてきたようですね。これも「人類生存システム」からの警鐘でしょうか。性善説で扉を叩き続けましょう」と。

鮭に出会ったのは2年前「むくろじ」の参考にと訪れた多古町染井の自然公園の会長代理のTさんと漁協のOS、S、Oさんらの計らいによるものであった。

2005栗山川・しゃけの遡上の南端

No10

No01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いじめ考Ⅰ   三猿

  「大津の子どもいじめは  いまにはじまったことかな?」

 聞いた相手は校長さん・教育委員会勤務を経てもう二〇年立つ身近な人だ。

「インターネットいじめなど時代の変化で現れ方は違うが本質は二〇年前も同じだよ」

「本質ってなんですか

「日光東照宮の三猿 見ざる  言わざる  聞かざる」

「ほう。三猿ね・  むしろ みせない・言わせない。聞かせない三無(みない)じゃないの   大津のテレビをみての感想ですが

「まあな。学校は隠したい。議員や町の顔役はうるさいから。教育委員会のおぼしめしも気にかかる。だから見て見ぬふり・だんだん知ろうとしなくなる。狭い隠ぺい体質になる。真面目な先生は孤立・」

「加害者はPTAの会長の子弟だったとか。誰だろうと暴力には毅然とすべきだ。みんなで話し合って・被害者を守る手立てをとる。加害者も含めて子ども同士話し合う場をちくる事が出来ないにかな。で職員会議もなくなったという。単なる校長の伝達趣旨徹底に場になっているって本当ですか」

「子どもの目線に立って  いじめをなくす・そのためには子どもをよく見・きく日々でなければ。いじめに対して先生同士が協力い合う・職員会議も子どもの人権感覚と行動をいかにそだてるか大事な場だよ」

「そうあってほしいな。一年前孫もいじめにあって悔しさで泣いているところを親が見つけて、よく聞いてから・他の親と語り合って学校に相談した。 校長さんも含めて 対応していただいた。なんといっても親の愛情だね・三ざるにならない為には。

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

里地の畑・ 団地の花たち 夕日と朝日をあびて・17日を挟んで

S2012_1117_012

17日の夕陽・浴びた里地のはたけ・散歩で味わう事が出来た。18時以降 

S2012_1117_002

クローバーしろつめぐさを踏むのは誰だ

S2012_1117_011  S2012_1117_004

S2012_1117_013 S2012_1117_010

縄文時代から人がすむさと地  ぼく貝殻を近くで拾ったよ

S2012_1117_008 S2012_1117_019

林の中にひっそりまします神社。 カラスがなくからかえろ。ホトトギスの鳴き声が聞こえる。トウキョウ・トッカキョキャ局、オオヨシキリの物語ふうの鳴き声・見えないけれどあるんだね。家に帰ると二組の子供の嫁さんからプレゼント届いていた。

S2012_1117_024 S2012_1117_020

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全号よりづずく   うれしい と 楽しい  と笑い

       続き   うれしい と 楽しい  と笑い

うれしい と 楽しい  と笑い   どう違いますか?

ヒントひとりではわらえない。みんなで歌うと楽しい

Spdr_0092 Untitled_ke

左上は楽しそうに歌うぞう列車    下の写真は福島原発から21キロの海岸。4つのこいのぼりを見てほしい。あの放射線が流れ込んでいるひ・・・・。周りは人一人もいない、動くものはない。農家の家は津波でがらんどう。以下対比でみてほしい。政府の収束宣言のウソは明白だ

S6811_003_4

南相馬の子供たちを思いながら、仮設に住む肩を温めたいから

Sdscf42101 Untitled_6

四街道の人は優しい。しかし四街道も可なり汚染されている。   未ばくしゃになってきている。計数管を持って調査しているが 行政とは1けた違う数値だ各地で出て打いる、福島のことは我が身のことと思えるかどうか

Untitled_5S6811_003

  S77_iwate_064

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うれしい と 楽しい  と笑い

うれしい と 楽しい  と笑い   どう違いますか?

ヒントひとりではわらえない。

   

Untitled_hu_2 Untitled_hu

ケヤキにて在りし日のmさん       我が家で談笑

ケヤキにて                            飯岡仮設にて             

UntitledS125_036_2

Untitled_2

やっぱり仲間がいれば楽しいし、世代のつながりがの場がればどんな厳しい中でも笑えある:らしい。   続く

東北が受けた人災福島事故派もう私たちは未曝しゃ。に立っている。せめて子供を。74歳をとうとう過ぎてしまったが。新たなつながりが生まれた。体調が回復気味な名で陸奥に行きたいと思っている

3・11の大災害。加齢の中で  生きる意味は楽しさと、笑いが肝心要。なんちゃって言っているが

 

S6_006S618_045

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとがす   

Untitled162 Untitle

瓦礫の中の気高さ    ありがとうの詩    悲境にあって

「ありがとう」が1番人々の肺腑をつくと河北新報社。11歳から84歳までの「ありがとう、の「詩」が

出版されました。   ¥1000円   ふきのとうに在庫有り。

「ありがとう」と言われる機会も「ありがとう」という機会も

乏しい日本近代社会。

そんな中で今福島の被災者たちは心から「ありがとう」をいっている。

有ることが難しいことをおたがいにしあっている・小さい子供も

84さいのおじいちゃんも。ふくしま出身の詩人が選らん「ありがとうの詩」

これを読みながら夜明けは陸奥からと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧