« 「疎開させよ」…お母さんたちの呼びかけ | トップページ | かすかな光   11月9日   早朝6時15分 »

  福島被災地・被災者を世の光に

9月に泊りがけで 千葉の友人24人と一緒にフクシマ浜通りを見てきました。

日本どこにもない異様な世界にかわりはてていました。全国3位の面積をもつ福島県

・猫・カラス・小鳥・犬がいない。動くものがない。・音もない世界って本当に不気味ですね。人もいない、延々と続く昼しか戻れない、朽ちていく住宅街をすぎると見渡す限りの雑草、(いわきから新南相馬の浜通り

まったく見えないあぜ道・破壊された用水路。かって黄金色に輝いたはずの田んぼの今をみんなでみまた。バスの中は静まり返っていきました。

・遠くに、フクシマ第1原発の排気塔が見えながら、漁とり40年のSさんは、海にカモメがいなくなり、港に魚のにおいがなくなった。人がいない瓦礫の海を前に語ってくれました。それぞれに失われたものの大きさ、奪ったものの、巨大さをおもいました

◎人々を寄せ付けないままの古里。ここは原発立地町

・冨岡駅線路の上に生い茂る雑草、真っ赤にさび付いたレール、傾いたホーム・朽ちた駅舎。ここは原発立地町。駅前商店街の壊れた看板たち。人息の気配が全く消えた、繁華街と民家の惨状、 津波が根こそぎ奪った人家の跡・あと、跡・嗚呼ー・その上に蓄積した放射線が2年間人々を寄せ付けないままの古里。・持参した計測器がけたたましい音を立てた。2年間図ってきたなかで最高の線量でした。匂いを音もない。海が目との鼻の先に迫っていました。

◎浪江町請戸の悲劇

・助かるのにむざむざ置き去りにされた犠牲の多い請戸の悲劇・放射線でおおくのご遺体を長期間放置されたところ。504軒・阿鼻叫喚・合掌の体がふるえました(写真添付)

・交付金でつくられたまるでお城のような痕跡を残す浪江町請戸小学校校舎、被災後のむざんな姿。300人の児童たちはいま?ふるさとをおわれ全国二七箇所にわかれたままという。この近くの漁民で当日案内されおSさんの家はこのちかくだった。たまたま不在で助かったが、屋敷は見る影もない壊滅。ここに来るのも検問、けんもん・

上下2m断差が生じた

人が住まない楢葉町が一望できた。森の向こうにある第1原発。楢葉町の600年続いた宝鏡寺の墓地高台。高台からおりて小川に沿っていくと大断層2mの高段差ができているという。東電は原発建設にあたって断層があることを知っていたが3万年以上動いていないということで問題なしにしたという。しかし今回の上下2m断差ができた事実でくつがえされた福島原発周辺には3つのよく知られた巨大断層が走っているという。ここのお坊さん夫妻は30年以上警鐘を鳴らしつづけてきた。震災人災後、町長は「きみの言うとおりになってしまった」とお坊さんに話したという。いわきに障害者12人を連れて逃げたぼうさんだった。書いたものをいただいた。環境関係者に何らかの形で紹介いした

・浜通り育ちで当地の病院で働いているKさんが私たちをここに連れてきたわけが痛いほど伝わりました。真実を知ってほしい、事態はブロックされ隠されているが・厳しくなっている事実を、忘れないでほしいと。

安倍首相は国を代表して オリンピック招致で 福島の状況は「The situation is under control」(状況はコントロール下にある)と発言しています・「健康に対する問題はない。今までも、現在も、これからもない」。「私が安全を保証します。状況はコントロールされています」。「汚染水は福島第一原発の0.3平方キロメートルの港湾内に完全にブロックされてる」。「福島近海でのモニタリング数値は、最大でもWHO(世界保健機関)の飲料水の水質ガイドラインの500分の1だ」。と

     福島の人たちは怒っていました。当日報道は汚染水は「打つ手がない」と報じていて見え透いた嘘の破綻。

小泉元首相も原発ゼロを言いだしました(10月2日報道)。いくらなんでひどすぎるからだろうか。氏のこれからの行動を見ていきたい。あとから省みてこんなはずじゃなかったと悔やまないで済むような生き方を小泉さんも求めているのかなー。フィンランドの一〇万年間閉じ込めるオンカロを見て核の廃棄物は捨てられないと思ったのでしょうか。「百聞hは壱見はにしかず」フクシマから学ぶことが大事だと思って帰ってきました。

フ ク シ マ 

|

« 「疎開させよ」…お母さんたちの呼びかけ | トップページ | かすかな光   11月9日   早朝6時15分 »

3この国のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022904/53894385

この記事へのトラックバック一覧です:   福島被災地・被災者を世の光に:

« 「疎開させよ」…お母さんたちの呼びかけ | トップページ | かすかな光   11月9日   早朝6時15分 »