« 教科書副読本   官製副読本批判の副読本 再掲母と妹に捧げる想い | トップページ | 寅さん大好き »

岩佐幹三さん ヒロシマをかたるから

子供たちに語る 8月6日・ヒロシマからS

 ・・・・・・・・妹を毎日のように探し歩いた僕も、丁度一か月たって急性症状で倒れました。身体じゅうに赤い斑点が出て、歯ぐきや鼻からは出血し、喉が焼け付くように痛み、昼も夜もわからぬ日が続きました。十六歳という若さからか、何とか回復することができましたが、あの死を前にした不安は忘れられません。その後も悪夢にうなされることがしばしばでした

 多くの被爆者が、死の淵を何とか乗り越えてきましたが、原爆の魔の手はその後も引き続いて被爆者の「からだ」「くらし」「こころ」のすべての面で襲いかかっています。被曝後四十数年のあいだ、被爆者は、様々な不安と死の恐怖にみちた「つらい生」を背負わされてきました。特に昭和三十年代後半からは、ガンにかかる率、死亡率が一般国民よりもはるかに効率となっています。また、先の日本被団協の調査では、およそ四人に一人が「こんなにつらいのならあの時死んだほうがよかった」と生きる意欲の喪失する感じだったことがあるという体験を持っています。今なお被爆者をそこまで追い詰めているのです。

 あの日、原爆はこの世の地獄を作り出したといわれますが、生き残った被爆者にとっては「生きるも地獄」なのです。このような原爆、核兵器の被害を許してよいものでしょうか。原爆の被害は、国の戦争政策の結果もたらされたものです。国にはあの戦争に対して責任があることを明確にしなければなりません。だから被爆者は四十数年たった今も、核兵器の廃絶と被爆者救援法の制定が求めて運動を進めているのです。援護法とは、日本国政府が「再び被爆者をつくらない」ことを世界の核国政府の先頭に立って訴える、その決意の証となるものなのです。

 こういうことは体験者でなければ語れません。語り継ぐことは大変な仕事ですが、それは人類の未来にかかわる問題です。被爆者は、そのような歴史的使命を担っているのです。そして、それを受け止めてくれる世代、それはみなさんをおいてほかにありません。被爆者にはもう時間がないのです。被爆者が死に絶えたら、だれがこのことを伝えられるでしょう。みなさんが、被爆者が抱える問題と要求を自分の問題として受け止め、自分の周りに伝え、次の世代に残せる人々の結集に努めてくださることを期待したいと思います。

                     (金沢大学教授 岩佐 幹三)

資料 岩佐幹三 「子供たちに語る、八月六日・ヒロシマから」

|

« 教科書副読本   官製副読本批判の副読本 再掲母と妹に捧げる想い | トップページ | 寅さん大好き »

C行動する市民、行政、ほかから聴いたこと観たこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022904/54106257

この記事へのトラックバック一覧です: 岩佐幹三さん ヒロシマをかたるから:

« 教科書副読本   官製副読本批判の副読本 再掲母と妹に捧げる想い | トップページ | 寅さん大好き »