« アベノミックス     アベノウソミックス  見てきてわかったウソ | トップページ | 台風一過の朝ならぬ台風直前の朝・・ ラジオ体操、団地、里地の散歩 »

福島第1原発事故  36年前の訴状には、地震、津波に起因する原子炉破壊の危険性を、はっきりを指摘していた

  司法も 安全神話

36年前 訴状に向き合って耳を貸してさえいれば 福島第1原発過酷事故を防ぐことが・・・

Sdsc03051_2

紹介

原発裁判と原発事故に対する感想

           弁護士  安田 純治

 今から三十年前(1975年)の一月、いわき市から相馬市に至る浜通りの住民四百四名が原告となって、福島第二原発設置認可取り消し訴訟が提起された。

 この訴訟は、福島地裁、仙台高裁、最高裁とも原告側の敗訴に終わった。

 敗因は何か。ひと言でいえば、安全神話に敗れたのだ。原告の主張と立証に誤りがあったわけではない。そのことは今回の事故で証明されている。

 三十六年前の訴状には、地震、津波に起因する原子炉破壊の危険性を、はっきりを指摘していた。しかも、これらの災害によって、外部、内部の全電源喪失、緊急冷却機能停止、炉内温度上昇、核燃料棒のジルコニュウム溶解、水と反応して水素発生、水素爆発という、事故発生の経過も記述してある。今回の事故は、その通りの経過を辿っている。したがって原告の主張は誤っていなかった。

 立証についても、原子炉工学や放射線防御学の専門家の証言や論文で、原告の主張の科学的根拠を立証した(原告に協力した科学者たちは、いわゆる原子力村から村八分にされている人たちで、”お上の権威”とは無縁の人たちであった)

 一方、被告の方(訴訟の被告は政府であったが、その背後には、いわゆる原子力村が存在した)は、原告の主張を、「仮想事故」という冷笑的、侮蔑的名称で呼び、そういう事故は起こりえない、と主張し、政府の安全審査基準が科学的・合理的であると、おかみの権威によって、”仮想”された学者の証言や資料で立証したが、これらが、科学的・合理的でなかったことが、今回の事故で証明された。

 十七年間にわたるこの訴訟の原告側弁護団長として、私が今、痛感していることを未整理のまま並べると次のとおりになる。以下略

私はこのような真摯な差し止め訴訟が行われていること  私は耳を傾けなかった。騙されていた私も責任がある

S20120826_781

「上写真」全住民2万1千人が未だに避難し帰れない浪江町の請戸 高濃度放射線のため長く放置されたご遺体の慰霊碑の前で合掌。遠くに第1原発が見える。「下写真」放射線のため7000人の住民の帰宅を許さない、人一人いない無人の双葉町の駅前どおりをまたぐ大看板。ここには犬も猫もカラスも小鳥もいない。音もない、動くものものもいない異様な世界の中に「原子力明るい未来のエネルギー」が視界にはいいってくる入ってくる。未だに16万人の避難者、2000人近い原発関連孤独死。

Photo

  

|

« アベノミックス     アベノウソミックス  見てきてわかったウソ | トップページ | 台風一過の朝ならぬ台風直前の朝・・ ラジオ体操、団地、里地の散歩 »

おすすめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022904/53625157

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第1原発事故  36年前の訴状には、地震、津波に起因する原子炉破壊の危険性を、はっきりを指摘していた:

« アベノミックス     アベノウソミックス  見てきてわかったウソ | トップページ | 台風一過の朝ならぬ台風直前の朝・・ ラジオ体操、団地、里地の散歩 »