« 巨大地震の発生 私の場合  2011年3月記  そのまま | トップページ | 双葉町町民の意見に素直に耳を傾けたい »

  日本国憲法   今 声を出して  かみしめたい  

日本国憲法

前文

・・・・そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その権利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基づくものである。・・・・・・・・われらh、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと勤めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思う。われらは、全世界の国民が、等しく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。・・

第二章 戦争の放棄

 「戦争の放棄、戦力の不保持、交戦権の否認」

第9条     日本国民は、正義と秩序を貴重とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、、永久にこれを放棄する。

    前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これをほししない。国の交戦権は、これを認めない。

第3章     国民の権利及び義務

「国民の基本的人権の永久不可侵性」

第11条 国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与えられる。

「個人の尊重」

第13条 すべての国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しないかぎり、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする

|

« 巨大地震の発生 私の場合  2011年3月記  そのまま | トップページ | 双葉町町民の意見に素直に耳を傾けたい »

3この国のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022904/53297481

この記事へのトラックバック一覧です:   日本国憲法   今 声を出して  かみしめたい  :

« 巨大地震の発生 私の場合  2011年3月記  そのまま | トップページ | 双葉町町民の意見に素直に耳を傾けたい »