« うつくすい、 美しいもの見しわれは、知性に触れて、その3、この1週間で | トップページ | フクシマを考える私の視点 »

福島 南相馬,浪江、フ・ク・シ・マに行こう。百聞はⅠ見にしかず。

0136_099 南相馬市小高   日本国憲法制定にに多大の貢献をした憲法学者鈴木安蔵の生家。放射線汚染地域。2年5月経ても・そのまま・周りに人の気配なし、近くのJR小高駅は封鎖。駅前自転車置き場の通学高校生の自転車は3・11のまま。戦慄が走った。持ち主は取り出せない。これない地域。

0136_081

浪江町(2万人) 人影なし  村上海岸・請戸に絶句。

111

112

114

6キロ先に原発がみえる

120

この地域140人の犠牲者の中には放射線のため遺体収容ができなかったひとたちが多いと案内したこの地域の漁民(氏はこの日不在で助かった。船も家も壊滅。放射線のためもう永久に漁業はできないと。

助かったのに助けがこないまま生きたままママ死んでいった犠牲者。

2013-6-24・合掌。何が収束ですか・何が安全ですかす。何が原発再稼働ですか。

Photo 3500頭の牛中1500頭殺傷・1500餓死。殺せない牛飼い10件が500頭にえさを与えている。なぜか次回に。

|

« うつくすい、 美しいもの見しわれは、知性に触れて、その3、この1週間で | トップページ | フクシマを考える私の視点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島 南相馬,浪江、フ・ク・シ・マに行こう。百聞はⅠ見にしかず。:

« うつくすい、 美しいもの見しわれは、知性に触れて、その3、この1週間で | トップページ | フクシマを考える私の視点 »