« 生きている間はイキイキしたい”(ゲーテ箴言) そのためには  1 | トップページ | 「命は皆尊い」 »

もう春だ。春なんだ。

20120826_809

う春だ。春なんだ。

休眠から覚めた熊の様に

周りを見てみた

茶の間からガラス越しに、水仙と梅の蕾

電線から飛び立つて小鳥が横切って消えた。

誘われて  オモテに出てみた

お日さまは

そこいらじゅう明りの温みをふりまいている

いつも見る対面の丘の木々  隣の庭木の葉っぱの輝き

舞い戻り

セイターの重ね着 厚手のジャンバー 

首巻 手袋 マスクに帽子

2枚靴下で靴を履き

鍵をかけ 日差しの中の丘に向かった

Sdsc03197_1

Sdsc03204

Sdsc03181

Sdsc03181_2 Sdsc03190

Sdsc03188 Sdsc03179

やっとカゼや感冒や肺炎もどきから解放されて昨日ぶらり

散歩ができた。春日和にはまだ早いが忘れがたい日に

なってしまった。千葉の春は好きだ。2011年3・11まえには

こんなところに行っていた20120826_808

保田であった 。おすすめポイントだ。

焼津の3・11ビキニデーにも行った事がある。

S2010226_094_2

久保山愛吉さんの墓。

写真に収めたこの日は晴れ渡っていた。

「私を最後の犠牲者にしてほしい」という遺言を私達人類にのこした。

明日から 3・11を命日にする人の3回忌で東北に出かける。お墓の周りは春だろうか。地震、津波、原発過酷事故の災害 人災、次の世代の春はどうなっていくのか。孫たちや福島の子供たちの顔がよぎる。友人を煩わすことになるが被災地をよーく見てきたい。

枯木みたいな私でも 次の世代に「大丈夫だ安心しろ」と言えるような生き方ができると信じて。

やまない雨はない 春が来ない冬はない。(最近1月末に亡くなった近隣の友人の色紙)

行きつ戻りつくり返しながら社会の春はやってくると思いたい。

まずは散歩などして体調を回復させたい。

|

« 生きている間はイキイキしたい”(ゲーテ箴言) そのためには  1 | トップページ | 「命は皆尊い」 »

自分のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もう春だ。春なんだ。:

« 生きている間はイキイキしたい”(ゲーテ箴言) そのためには  1 | トップページ | 「命は皆尊い」 »