« 新聞購読を東京新聞に切り替えた時 目に焼き付いたすごい記事 | トップページ | もう春だ。春なんだ。 »

生きている間はイキイキしたい”(ゲーテ箴言) そのためには  1

この春ついにというべきか、やっとといいうべきか、“人生古希まれなり”を超えて、75歳になります。 今の時代、平均寿命79才()ですから、事あらためて75歳がマレということではないでしょう。ただ経年劣化は(特に3,11以降)覆うべくもありません。さらに二人称の(○○さんとか貴方とか、やーと呼び合える間柄)人たちが亡くなるのは本当につらいものです。

かくて私も,童謡の ♪♪ もういくつ寝るとお正月♪♪ の正月をXday(永久雲隠れ日)に変えてみると実感が迫ります。

 生き物ならすべて 生育老死から免れません。私も生き物ですから 順繰りに生死が交代する習わしの中にあります。 もし仮に、人間年老いてもだれも死なない、とするならば、この世界は どうなるのだろうか。考えただけでもぞっとします。だから、私らが歳老いてから雲隠れすることはよいことですし、別に暗いことではないといえます。

そこで残る私らの願いは“生きている間はイキイキしたい(ゲーテ箴言) ということでしょうか。でもその保証はあるのだろうか。寝たきりもある。事故など外圧的な強制人生切断もある。でもどんな境遇でもイキイキしたい。そもそもイキイキとはなんだろう。人それぞれのイキイキもある。そこでイキイキを昔と今の中に探ってみるのも悪くないとのぞむようになりました。いくつかの例で物語ってみてみたい。あなたが胸を貸していただけるなら一緒に考えてみたい。

もう春ですね (散歩にて)   イキイキならぬウキウキ

春が来ない冬はない、希望を持って生きる、これだ イキイキって、

生ける屍はご免こうむりたいが 努力が必要だ。かなうだろうか

Sdsc03199

|

« 新聞購読を東京新聞に切り替えた時 目に焼き付いたすごい記事 | トップページ | もう春だ。春なんだ。 »

自分のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生きている間はイキイキしたい”(ゲーテ箴言) そのためには  1:

« 新聞購読を東京新聞に切り替えた時 目に焼き付いたすごい記事 | トップページ | もう春だ。春なんだ。 »