« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

93歳のおばあちゃん。私はお墓に避難します。嗚呼ー

南相馬市の九十三歳のおばあさんの自殺と遺書

    ルポルタージュ作家西村一朗氏からの情報提供

 ここで、六月二十二日付毎日新聞に掲載された南相馬市原町区の九十三歳のおばあさんの自殺について触れておこう。

 このおばあさんは、第一原発の爆発直後、住民が次々と非難していく中、長男夫婦と孫二人を含む一家五人で相馬市の次女のところに避難。

ところが、原発被災による南相馬市の勧告で長男夫婦と孫は群馬県へ避難したが、おばあさんだけはここに残った。四月後半、女性は体調を崩し市内の自宅に戻ったが、その二週間後に自宅庭で自殺した。原発事故による、本当に痛ましい犠牲だ。以下が遺書の全文である。

 このたび三月十一日のじしんとつなみでたいへんなのに原発事故で近くの人たちがひなんめいれいで、三月十八日家のかぞくも群馬の方につれてゆかれました。私は相馬市の娘○○(なまえ)いるので三月十七日にひなんさせられました。たいちょうをくずし入院させられてけんこうになり二か月位せわになり、五月三日家に帰った。ひとりで一か月位いた。毎日テレビで原発のニュース見てるといつよくなるかわからないやうだ。またひなんするやうになったら老人はあしでまといになるから 家の家ぞくは六月六日に帰ってきましたので私も安心しました 毎日原発のことばかりでいきたここちがしませんこうするよりしかたありません さようなら 私はお墓にひなんしますごめんなさい。

Ss19_034 Ss6811

私が訪ねたときヘルパーさんの車とともに車いすが点在していた。

ここヨッシーランドで津波でなくなった犠牲者数を超えて放射線を逃れて転々と移動させられた中でなくなった

老人のほうが多いときく。二五〇人。

今は無人の双葉町のむなしくそびえたつスローガン。

原子力明るい未来のエネルギーの結果は・・・

九三歳のおバーちゃんの自害に示されている。もう一度遺書を読んでみる。

何をなすべきか。犠牲者の死を無駄にしかけない日本。怒りが湧出してくる。

Photo

| | コメント (1) | トラックバック (1)

♪♪ひょっこり ひょうたんじーま

井上ひさし  ♪♪ ひょっこりひょうたん島♪♪

♪苦しいこともあるだろさ かなしいこともあるだろさ

だけど僕らはくじけない 泣くのはいやだ 笑っちゃお♪♪
すすめー ひょっこりひょうたん島 ひょっこりひょうたん島 

ひょっこりひょうたん島♪♪

  1964~1970にかけてNHKラジオテレビで大ヒットした人形劇です。「ひょっこりひょうたん島のモデルになったのは岩手県大槌町の沖合にうかぶ

  蓬莱島です。

私はⅠ昨年9月、町全体が津波に襲われ、プロパンガスに引火しまち全体が大火災になり、廃墟となったこの町を訪れました。町民10人に約1人、 1300人近い人命が失われたまちです。そのとき沖合にかすんでいる蓬莱島が見えました。例のひょっこりひょうたん島のモデルの希望をのせた島

す。井上さんが存命ならどんなにか悲しみ、大槌町の住民に心を寄せ、支援し、励ましメッセージを送ったことでしょう。

♪♪・・・波を ちゃぷちゃぷ ちゃぷちゃぷ かきわけて ちゃぷちゃぷちゃぷ
         雲を すいすい すいすい 追い抜いて すいすいすい
       ひょうたん島はどこへゆく 僕らを乗せてどこへゆく うううう うううう
       丸い地球の 水平線に 何かがきーっと待っている う ♪♪・・・


    井上ひさし作詞のテーマソングが現在大槌町の復興ソングの一つとなって被災地の今を励ましているということが、昨日我が家を訪ねた友人[]

        が教 えてくれました。

   私は、井上ひさしが うちに怒りや、悲しみや涙をためながら、どんなに辛酸があろうとも いやそうであるがゆえにそれを突きぬけて現に生き

   人々から掬い取って 7転8倒して明るく前向きに描く作家だったことを思おこしはっとしました。憲法をめぐる新たな局面や自分の経年劣化も

  あり気分 がややめいっていたが、救われる思いがしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬・木々の美しさ、私はⅠ8歳で死んでいた・日本の老人は眠れない・筆洗い.三題

冬 木々のうつくしさ  空の青

S_051

S_062

S_063

S_064

S_065

私はⅠ8歳で死ん

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目をそらさないで!!事実に向き合って。明日の不幸の減殺のために

自然を甘く見てはならない・・・・・

石巻Sdsc01694 小学校

Sdsc01724

Sdsc01988

Sdsc01999 閖上  日和山

S20120826_116 荒浜

S_034大川小

命   人災  地上最悪のゴミ,ほうしゃのう。少女の命を奪ってだれも責任を取らない。

Sdsc00540 サダコ

Sdsc00855 東海村臨界事故  犠牲者

| | コメント (0) | トラックバック (0)

署名を

Photo

Photo_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい春のために   細川春雄

Photo_2

Photo_3

半世紀前大学時代からの友人    岩手県沢内(西和賀郡)で農業を

生業にしてきた詩人、協同組合人、  細川春雄氏の賀状ヨリ

S002_3

飯館村の無人の小学校。南相馬に野菜などを運ぶ道中

車窓からとった。放射線計数はぐんと上がり行けども行けども無人

地帯。子どもも、老人も。農家もすべてが追い払われた。

放射線の恐ろしさとはこうゆういうことなのだ。戻りたい。帰れない。

老人たちは眠れない。お墓に避難したいといった老人。

これを取材したルポ作家の友人のN氏と今日かたりあった。

出来上がったばかりの本をいただいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ある被爆者   母と妹への手紙   私が最も尊敬する方 

ある被爆者   母と妹への手紙   私が最も尊敬する方の文章の紹介 

母と妹への手紙

                            岩佐 幹三

 母さん、好っちゃん(好子)。今年も八月六日がやってきたね。

 被爆から六十三年がたった今でも、僕は、原爆で連れ去られた母さんたちの命を甦らせて、手をとり抱き合いたいという空しい願いを持ち続けているんだ。

 欠かさん、僕は、先日も何回目かのつらい夢を見たよ。頭上でグワンという爆発音がして破壊し尽くされた町並みが現れた。それを見た僕は、「今度こそ母さんを助けるぞ」と叫んだ瞬間に、目が覚めた。その時の悔しさは、言いようがなかったよ。母さんたちの死は、戦争だから仕方がなかったという考え方は、絶対に許せない。

 デモね、当時の僕は、十六歳の中学生、全くの軍国少年だった。あの年の五月病気で亡くなった父さんや母さんを、本当に困らせたんだろうね。日本が起こした十五年戦争で、アジア諸国で二千万人、日本でも三百万人の尊い命が失われた。その戦争のお先棒を担いだ一人だったんだからね。僕たち若者が、敵の軍艦や戦車に体当たりして戦死すれば、家族は守れるし、後はどうなるだろうと浅はかにも死ぬことだけ考えて痛んだ。

 それなのに死んでも家族を守るべきはずの僕が生き残り、守られるべき二人を守ることができなかった。戦争ってなんだったんだろう。軍国少年って一体何だったんだろう。

 その反省と謝罪の気持ちをこめて、今この手紙を書いているよ。

 十五年にわたる戦争、特に敗戦の年は、僕たちの生活は耐乏状態の限界を超えていた。戦争に勝つためにがまんせよと、すべて軍事優先、衣服も食料も配給制度になり、それも遅配続きだった。お金があっても何も変えなかった。本当につらかったね。父さんがいない我が家では、食料の算段もできず、八月はじめには米ビツも空っぽだった。母さんは、「少しでも食べて死ねば顔色でもいいよ」と言って、わずかに残っていたお米を炊いて茶わんに半分ずつ三人で食べたよね。あれが水盃になったのかな。母さん覚えている?

 だが母さんは、八月四日か前日の五日か、近所の小さな店で、醤油いためのひじき一皿分を、僕たち兄弟のために持ち帰ってくれたんだ。自分も空き腹なのに、一緒に出された大豆の豆かすをひいたコーヒー(?)汁を飲んだだけで。それを僕たち兄妹は、むさぼるように食べてしまったが、親なればこそ、決して忘れてはいないよ。

 母さんは、そんなことまでして僕たちを守ってくれたのに、僕は、何もできなかった。だから今になって戦争がもう少し速く終わっていたら、せめて少しでも銀シャリ(白米)を食べさせて上げられたのになんて、時々ごたくを並べているんだよ。でもね。母さんたちの死は決して無駄にはしない。戦争も、原爆=核兵器もない世界のためがんばっているよ。

 あの年、昭和二十年、東京、大阪、名古屋をはじめ全国の大中小都市が次々と米軍機によって焼土となり、沖縄も陥落していた。日本の戦争する余力は尽きていた。それでも国は戦争を継続し続けていた。そして八月六日がやってきた。

 あの日は、動員中の工場が電休日だった。八時十五分少し前、僕は、自宅(広島市富士見町=爆心から一・二キロ)の庭にいた。飛行煮の爆音が聞こえてまもなく、激しい爆風の衝撃で、地面にたたきつけられた。そこはやわらかい畑地だったからたいした傷も負わなかった。五十センチほど右にいたら庭石にたたきつけられて即死だっただろう。家の前のバス通りを挟んだ向いの家の屋根の影になって、奇跡的に焼けども負わなかった。

 一瞬にして崩壊した広島の町並み、母さんは、崩れ落ちた家の下敷きになっていた。「母さん!」と呼ぶと、屋根の下から「ここよ」と言う声が聞こえた。「ああ良かった。生きていてくれたんだ」とその瞬間は安堵の胸をなでおろしたんだ。しかしその喜びも束の間だった。屋根板をはがして逆立ちするように顔を突っ込んだ目の前には、家のコンクリートの土台の上に大きな梁が重なって、行く手をはばんでいた。わずかな隙間から一メートルほど先に仰向けに倒れている母さんの姿が見えた。つむった目のあたりから血が流れていた。どこかをひどく打ちつけたのか、何を話しても目を開けず、顔をこちらに向けようもしなかった。「こっちからはもう入れんのよ。そっちで動けんの」と聞くと、「左の肩の上を押さえている物をどけてくれんと動けんのよ」という答えが返ってきた。

 別のほうから掘り出したが、なかなか進まない。そのうちに爆風の吹き返しの火事嵐がものすごい勢いでせまってきた。火の粉が降りかかってくる。気がきではない。「母さん、だめだよ。火事の火が近づいてきたよ。こっちからはもう側までいけんよ。」悲鳴に近い叫び声を上げた。外にいる僕でさえ何が起こったかわからないのだ。まして家の下敷きになって周りが見えない真っ暗な中では不安というよりも恐怖心で一杯だったろうね。でも母さんは「そんならはよう逃げんさい」と言ってくれた。

 それなのに気も動転していた僕は、「母さん、ごめんね。父さんのところへ先に行っていてね。僕も、アメリカの軍艦に体当たりして、後から行くからね。」何という不遜な親不孝の言葉だろう。しかもその後に「好ちゃんが大きくなったら、いいところへお嫁にやるからね。」と言ったんだよね。すぐ後から行くと言いながら、妹が大きくなるまで生きると言ったんだ。死別の祭に母さんを裏切る言葉を告げたんだよ。そして八十歳近くまで生き延びているんだよ。母さんへの罪の意識は一生抱いていくよ。

 母さんは、死を覚悟したのか「般若心経」を唱えだしたね。僕は、その声に後ろ髪を引かれながら、原爆の業火で生きながら焼きこらされる母さんを見殺しにして逃げたんだ。二~三日後家の焼けあとに積もった灰の中を探したら、母さんが倒れていた場所から痛いらしいものを見つけ出すことができた。それが母さんだったんだ。でもそれは人間の姿ではなかったよ。母さんは、小柄な女性だった。まるで子供のマネキン人形にコールタールを塗って焼いたような油でずるずるした物体だった。母さんは、あんな姿で殺されたんだね。人間としてではなく、「モノ」として殺されたんだ。悔しい。本当に悔しい。

 あの日比治山橋近くの土手で野宿した僕は、翌日紙屋町から半ば破壊された相生橋まで来て、突然絶望感におそわれた。それまで被害は広島の東部地区だけだと思っていた。橋の上から見わたせる西部地区も同じように原爆焼け野原になっていた。好っちゃん(好子)は、あの年憧れの県立第一女学校に入学できて、張り切っていたね。でもあの日は、土橋付近の建物疎開の後片付けに動員されて傷んだ。相生橋からみると、すぐ目の前じゃない。「あっ!好っちゃんもやられたんだ」そう思うと頭の中が真っ白になった。避難先にしていた安佐郡緑井のかおる叔母さん(母の妹)の家にも、あんたはきていなかった。好っちゃんたちまだ十二~三歳の男女中学生約五千人が、青春の喜びも悲しみも知ることなく、死んでいったんだ。戦争が招いた原爆地獄の悲劇は決して繰り返してはならない。

 その日からもう生きているはずのない好っちゃんを探す兄ちゃんの放浪の旅が始まったんだ。土橋、己斐、江波、草津、五日市までどこをどう歩いたか全く覚えていない。毎日とは言わないが、ただ夢遊病者のように歩き回ったんだ。あれは、もしかして原爆被害特有の「ぶらぶら病」の一種の症状だったのかもしれないね。

 そしてちょうど被爆から一ヶ月たった九月六日、急性症状が出て病床に伏すことになった。かおる叔母さんのおかげでたまたま近所に疎開していたお医者さんから高額な注射治療を受けられて、又奇跡的にも回復できたんだ。そのことが契機になって、僕も被爆者なんだと自覚するようになったんだ。

 その後かおる叔母さんが、母さんの代わりに僕を養育してくれたんだ。そのおかげで大学を卒業でき、大学の先生になれた。そして勤務地の金澤で石川県原爆被災者友の会の会長に選出されて、被爆者運動に係るようになったんだよ。定年になって千葉県に移り住んで、今は被爆者の善告訴してである日本原水爆被害者団体協議会の事務局次長を努めることになった。その間にも多くの被爆者と同じように原爆被爆の影響で晩発性放射線障害のがんや原爆白内障にもかかった。中でも前立腺がン派、薬物療法による治療を受けて、体内にがん細胞をかかえたまま。運動に勤めているよ。繰り返すことは、決して許されないことだから。

 でも僕たちが体験したことよりも、原爆は、もっともっとひどくつらい体験を被爆者に与え続けているんだ。そのような被害を、僕たちの子孫、そして日本国民、更に人類の上に、再び繰り返させたくない。だから「再び被爆者を作るな」と核兵器の廃絶を訴え、国が、その「証」として戦争被害、原爆被害に対して将来にわたって補償することを求めてがんばっているんだよ。二〇二〇年には核兵器を完全に廃棄させようという運動が進められている。その目標が達成されたなら、その時には、母さんたち一緒にお空に上ってお星さまになりたいね。

注 昨年に続き、今年も(2008年)NHK広島が募集した「ヒバクシャからの手紙」に応募したもの。番組でもその一部が朗読されました。

 又、今年(2012年)8月にNHK広島の深夜ラジオ番組で放送(約7分)されたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日の出  鳥たちの飛翔  曙光に向かって 一緒だよー

Sdsc02493

賀正 2013-1-16時45分 九十九里白里海岸

にて。日の出を待つ海鳥たち。世の曙光を願いながら孫と

Sdsc02492

一緒だよ   忘れないよー

閖上中学校前にて  2012-11-14

Sdsc01937

南相馬・3重苦   わせれないよー

S712_002

希望   Tさんから  石巻

S6811_069

S20120826_178

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年賀   希望

あけましておめでとうございます

先達・先輩の貴方の様な―心が元気で 達者が希望です―

この年 私はヤング シルバー から オールド シルバー(後期高齢者)

この2年間確実に 肉体はダウンの一途でした。気持ちとの不具合。このアンバランス、これがオールドシルバーの問題。でも年相応に希望を持てって亀の甲より歳の功にあやかりたいと思っています。・・今年もご指導ください・

      希望

いただいた希望・・・そして勇気

〇 12月23日 千葉県旭市飯岡仮設住宅(150戸)にて。お住いの被災老人から

すべてを失った。・・幸い私は日本語を操れる。これさえあれば人と出会えるよ。よろこびがあるよ。・」日常の小さな変化に喜びを見これが生きる希望になっている

11月13日 宮城県閖上・周囲1面すべてが喪失した閖上中学校にて

 14人の犠牲中学生の慰霊碑の前の張り紙に同級生たちが書いていた。

 「○○さーん。○○くーん。これからもずっと一緒だよー」。この子供たちにはあまりにもむごい試練、しかしこの子らに未来を感じしばし佇んだ。

加害者(原子力村など)が保護され温存するなど 福島をはじめ

 被災者・市民・庶民・弱者から未来を奪う政治・・・こんな理不尽・いつまでもつづくわけがない。私たち市民があきらめないで手をつなぎつづけさえすれば。

今年もよろしくご指導ください

Img_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »