« 栗山川 房総九十九里にそそぐ小さな川 | トップページ | きれい・面白い・珍しや 散歩しながら »

決して忘れない。被災地・被災者の叫び   

   2012-11-11~13 悲劇の場を訪ねて  生身の被災地に立って

 大川小学校の悲劇   石巻北上地区  

    生徒児童104名中70名 教師13名中10名が犠牲に 4名今なお不明

ごめんねーごめんねー貴方を見つけてあげられなくて・・」今なおわが子を探す母親。津波が子供たちをのみこんだ時間になるころ毎日ここにきて黙とうをささげる人たちが絶えないという。私を案内してくれた友人はこの時間に間に合うように女川町「雄勝」(注)から雨のなか車を走らせた。いたいけな子供たちを呑み込んだ悲劇の場所がまるで映画のシーンのように無言でアップしてきた。大川小の周りは人家にとり囲まれていたという。が今は茫漠とした沈黙の空間だけだ。生活の匂いも子供たちの歓声も、人気も一切ない。

Sdsc01805 Sdsc01809_2

沈黙のまま車を降りた.

友人がてをあわせた。私はあたまをさげた、

Sdsc01801

あの日 子ども達が集まった運動場に廻った。裏山が近くに見えた.地震のため道がない山側を心配したのだろうか、道のない山を避け、前もって指定避難所とされていた土手方面に先生は子供たちを誘導した。動き始めた列を津波は一気にのみこんだ。Sdsc01808

津波の威力は下記のように想像を絶する。破壊・爪痕を残していることで容易に理解できた。

この津波が子供たちをさらっていった。兄弟が4キロ離れて遺体で発見されたという。Sdsc01809

今石巻では被災の検証作業が行われている。当日不在だった校長が追及されているという。友人は何ともやりきれないとかたった。

恵E

さんは彼が前に来たときのことを低い声で私の耳元でかたった。「その日東京からきた橋本左内牧師と小倉志郎さんが慰問の尺八演奏を墓碑の前で行っていた。それをじーっと聞いていた老夫婦は、終わると手をあわせた。突然「としちゃーん、としちゃーん」、という絶叫が聞こえた。振り向くと老婦人が山に向かって叫び、激しく泣いた。「毎日来て泣くんです」夫はそういって唇をかんだ。「足の悪い妻を小さな車に押し込むようにして去って行った」。と

老夫妻も、牧師の尺八演奏者も、私の友人も、大切なことを伝えてくれたような気がした.「人間(人生・社会)には大切なものがあるということ」。

私らは 自然に 3・11のあの時まで 子供たちの歓声やかけっこ、があったに違いない廃墟の運動場に子供の気配を探していた。私はかすんだ目で写真を撮りまくっていた.

S20120826_042

S20120826_020

大川小学校の悲劇・絶望の中から顔を出したかすかで確かな光、それは「子供」だった

上記の写真に写った作品は平成13年の子ども達の卒業記念作品だった。これを見ながら遊んだ70人・10人の先生たち犠牲者が教えてくれたもの…それは「こども」

私の子供。孫 身近なこどもたち。世界の子供たち。亡くなった子供。みんな一緒だよ。そして子供に向かって生きた宮沢賢治。

3・11兄を呑み込んだ同じ町にて

|

« 栗山川 房総九十九里にそそぐ小さな川 | トップページ | きれい・面白い・珍しや 散歩しながら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 栗山川 房総九十九里にそそぐ小さな川 | トップページ | きれい・面白い・珍しや 散歩しながら »