« 大江健三郎氏とルモンドとの対談を 再度紹介します。 | トップページ | いのちはみな尊い。ある牧師から刺激を受けて »

原子力村とは

友人からの情報提供

朝日は一面トップで、再稼働問題が国民注視の的となっている大飯原発をはじめ原発14基をを抱える福井県の原子力安全専門委員会の委員4人と関西の大学教授37人が、06~10年度に関西電力とその関係団体からそれぞれ1490万円、5895万円を寄付金として受け取っていた、と報じています。

原子力安全委員会の斑目委員長や東大、京大、阪大などの多くの原子力学者も電力会社や関連団体から研究助成や寄付講座、個人寄付などの名目で巨額の原発マネーを受け取っていたことが既に明らかになっています。公務員が職務に関連して業者から金を受け取れば立派な犯罪(贈収賄)ですが、原発政策や世論形成に影響力のある国公立の大学教授が電力会社や原発メーカーから金をもらって、「安全神話」をふりまき原発推進の提灯持ちをやる、ひいては未曾有の大事故を引き起こす。これは犯罪ではないのか。
 百歩譲って「ワイロ」でないという強弁が成立するとしても、「李下に冠を正さず、瓜田に沓を入れず」と古人も言う。学問的良心と普通の市民道徳があるのなら、いかがわしい麻薬ような金とは手を切るべきだ。

インターネットで調べました。

原子力村とは「原発を推進することで互いに利益を得てきた政治家と企業、研究者の集団学者集落200300人、原子力産業の中核になる仕事に携わる人は、数千人原子力工学を学んだ学生が、教授の人脈を通じて原子力関係の仕事に就職することが常態化している

·         電力会社関係者から政治家に献金が行われる大学等の原子力技術研究機関に電力会社から献金が行われる

·         マスコミ関係者を講演会の講師として招聘し、多額の講師料を支払う挨拶代わりに研究者を原子力施設の見学ツアーに招待する施設の安全の技術指針を定めた土木学会の委員の半数が電力会社関係者である

·         核燃料輸送容器などの検査において、関連企業から多額の献金を受けた大学教授が、検査基準を国の基準よりも緩めるよう取り計らう

·         

原子力村として指摘された組織

·         東洋経済2011423日号において、「「ニッポン原子力村」相関図--至る所に東電の影響力」なる記事にて、原子力村に包含される組織の一覧を掲載した。

国及び業界団体[15]

内閣府

原子力委員会

国の原子力政策大綱を定める最大の行政機関。大学教授や東電の尾本彰顧問ら5人で構成されている。

原子力安全委員会

原子力安全・保安院が行う安全規制をダブルチェックする機関。傘下に専門審査会や部会を多数抱える。

経済産業省

原子力安全・保安院NISA

原発の安全規制を担当。しかし経済産業省の事務官僚らで構成されているため専門性は低い。

資源エネルギー庁

インフラ政策の推進を担う経産省の外局。石田徹元長官など東電の天下りが常態化している。

原子力安全基盤機構JNES

原発の検査業務などを行う。役員は経産省の役人、大学教授ら。

総合資源エネルギー調査会

経済産業大臣の諮問機関。分科会の原子力安全・保安部会の委員には東電副社長など。

原子力部会

委員には東電常務、関電社長など業界関係者多数

文部科学省

日本原子力研究開発機構JAEA

国内有数の原子力研究機関で職員数約4000人。20109月まで東電の早瀬佑一元副社長が副理事長。2005日本原子力研究所核燃料サイクル開発機構が統合。

業界団体

日本原子力技術協会JANTI

民間の自主規制機関。電力9社やメーカーが会員。

日本原子力産業協会JAIF

理事に東電の木村副社長

国際原子力開発JINED

原子力設備のインフラ輸出を目指す目的に設立。社長は東電の武黒一郎フェロー

日本原燃

ウランの濃縮、使用済み核燃料の再処理を手がける。歴代の会長は東電社長が務めている

電気事業連合会(電事連)

歴代の会長は東電社長らが務めている。

電力中央研究所

業界研究機関。評議員に東電社長。

·         太字は東京電力関係者が関与する機関

民間の原発企業

電力会社

電力9社(北海道電力東北電力東京電力中部電力北陸電力関西電力中国電力四国電力九州電力

主契約者

東芝日立製作所三菱重工業

土建

竹中工務店大林組鹿島熊谷組五洋建設清水建設大成建設西松建設前田建設工業奥村組ハザマなど

プラント工事

東芝プラントシステム太平電業日立プラントテクノロジー

素材

神戸製鋼所JFEスチール新日本製鐵住友金属工業日立金属

ウラン権益

海外ウラン資源開発出光興産住友商事丸紅三菱商事など

原子炉、タービン、ポンプなど

IHI川崎重工業など

発電機

三菱電機など

燃料

グローバル・ニュークリア・フュエル・ジャパン原子燃料工業三菱原子燃料

その他

イトーキ(特殊扉)、岡村製作所(特殊扉)、岡野バルブ製造(バルブ)、電気化学工業(硼素)、日本製鉄所(発電機や加圧器の部材)、オルガノ(水処理施設)、木村化工機(輸送機器)、イーグル工業(特殊バルブ)、新日本空調(空調)、助川電気工業(模擬燃料集合体)、東亜バルブエンジニアリング(バルブ)、アトックス(原発保守管理)など

|

« 大江健三郎氏とルモンドとの対談を 再度紹介します。 | トップページ | いのちはみな尊い。ある牧師から刺激を受けて »

3この国のこと」カテゴリの記事

コメント

複雑ですね。。参考になります。

投稿: 吉田けい@ビジネスモデル研究 | 2012年10月 8日 (月) 01時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022904/47100436

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力村とは:

« 大江健三郎氏とルモンドとの対談を 再度紹介します。 | トップページ | いのちはみな尊い。ある牧師から刺激を受けて »