« みやぎ 地震 津波、女川原発地。その2 亀裂 山崩れ 瓦礫の 中に見たもの | トップページ | 大震災の中で ほっとしたもの 常磐線 坂元駅  壊滅の中に  »

みやぎ 地震 津波、女川原発地にたちて。その3 原発は本当に無傷なの

その3 女川原発は本当に無傷なの?

女川原発門入り口で、敷地内はだめのサインでUターン。すぐ海岸下に急勾配の降りる道があり、降りることにした。NHKの車が通ったので、そのあとをおってたどってみた。そこは原発から1キロ以内とみた。。

S6811_209 S6811_224

海岸下へ車で降り初めて最初に出会ったのは。

S6811_219 屋根の上に車、民宿か。さらに降りると海辺。原発の建物が見える。

S6811_228

壊れた車を避けて写真を撮るとそこは静かな入り江。白い建物・・・あれが

S6811_231

180度回れ右して後ろを見ると

S6811_244

横に動いて前の海をとる

S6811_237_2

S6811_239

巧みな?撮り方で海を採るとそこは静かな入り江だった。

鳴砂の名所と標識にあった。

S6811_231_2

しかし海岸沿いに後ろ方面に少し下がるとそこに見たものは

S6811_251

私には女川原発が 無傷だったとはどうしても思えない。

福島のようにならなかったのは神のご加護ですか。

家に帰りインターネットで調べると過去に何度も故障があったという。

今回も1時電源が切れたときいた。福島原発とどう違うのか。

国と東北電力に情報を公開し、説明責任をもとめたい。

ここは100万都市仙台が近い。おびただしい震災での屍に死の灰の化粧の危機はなかったのですか。

ここは私の故郷です。おいやめいがたくさんいます。私を育んでくれたところです。

|

« みやぎ 地震 津波、女川原発地。その2 亀裂 山崩れ 瓦礫の 中に見たもの | トップページ | 大震災の中で ほっとしたもの 常磐線 坂元駅  壊滅の中に  »

4この世界のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022904/40407650

この記事へのトラックバック一覧です: みやぎ 地震 津波、女川原発地にたちて。その3 原発は本当に無傷なの:

« みやぎ 地震 津波、女川原発地。その2 亀裂 山崩れ 瓦礫の 中に見たもの | トップページ | 大震災の中で ほっとしたもの 常磐線 坂元駅  壊滅の中に  »