« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

生死を分かつ二つの声明  2つの立場  未来選択のとき

「津波に耐え素晴らしい」 原子力行政「胸を張るべきだ」 経団連会長が発言

03/17 10:55

 日本経団連の米倉弘昌会長は16日、東京都内で記者団に対し、福島第1原発の事故について「千年に1度の津波に耐えているのは素晴らしいこと。原子力行政はもっと胸を張るべきだ」と述べ、国と東京電力を擁護した。米スリーマイルアイランドの原発事故を上回る重大事故との見方が強いだけに、発言は波紋を広げそうだ。

 

 米倉会長は事故は徐々に収束の方向に向かっているとし「原子力行政が曲がり角に来ているとは思っていない」と発言。「政府は不安感を起こさないよう、正確な情報を提供してほしい」と話した。

 

 一方、日本商工会議所の岡村正会頭は同日開かれた定例会見で「放射能の放出は、国民が最も不安を抱く。正確かつ迅速な情報提供を望む」と要望。その上で「原発の建設基準を向上させるしかない。見直しの期間だけ、(建設が)延伸されることは当然起こりうる」と述べ、今後もエネルギー供給の一定割合は原発に依存せざるを得ないとの認識を示した。

東北地方太平洋沖地震による福島第一原子力発電所の事故に関する会長声明

2011年(平成23年)325

     

 日本弁護士連合会会長長 宇都宮 健児

1 本年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震及びこの地震によって引き

起こされた大津波により、東京電力福島第一原子力発電所では、1号機から4号

機で、外部電源や非常用ディーゼル発電など炉心や使用済核燃料プールの冷却機

能を働かせるために必要な電源が全て失われ、核燃料棒が冠水できず、高温状態

が継続して、炉心溶融・水素爆発等による建屋や圧力抑制室の損壊・使用済核燃

料プールの水温上昇などの事故が発生し、放射性物質が原子力発電所から環境中

に放出されるなど予断を許さない深刻な事態が進行している。そのため、原子力

発電所から半径20km以内は避難指示、半径20~30kmの範囲では屋内待

避指示が出される異常事態となっている。

当連合会は、避難指示及び屋内待避指示を受けた住民の皆様にお見舞い申し上げ

るとともに、現在も原子力発電所事故の現場で懸命の努力が続けられている原子

炉の冷却作業等によりこれ以上の深刻な被害が回避されるよう心から祈念する。 

2 福島原子力発電所事故に対する危機管理は、原子力災害対策特別措置法によ

り行われているが、原子力災害対策本部による情報開示は、情報伝達の遅れ、東

京電力との情報の食い違い、開示情報が不十分であるなどの問題があり、国際原

子力機関(IAEA)を中心とする諸外国からも批判がなされている。

日本の原子力発電所は、設計の際に想定した地震や津波を基に安全性評価を行っ

ており、かつ、原子力発電所の安全装置の一つが働かなくなっても、他の装置が

働いて安全性を確保できるという単一故障指針に基づいて設計されてきた。今回

の福島第一原子力発電所の事故により、想定されている地震、津波が過小評価で

あること、そして地震に対しては複数の故障が同時に生じ、安全性が確保されな

いことが明らかになった。 

また、国や電力会社は、放射性物質が外部に漏出しないよう、燃料被覆管、圧力

容器、格納容器、原子炉建屋で多重に防護されているから安全であるとしてきた

。しかし、今回のような冷却剤喪失等の事故が起これば、原子力発電所の安全性

が確保できないことも明らかになった。

今回の地震と同じ大規模なプレート境界地震である東海地震等の発生が予測され

ており、その想定される震源域の直上に位置する浜岡原子力発電所をはじめ、全

国には地震と津波の危険にさらされている多数の原子力発電所や原子力施設が存

在するが、今回の事態を受けて、原子力発電所の建設が進められていた上関原子

力発電所、東通原子力発電所、大間原子力発電所については工事を一時見合わせ

ることが発表された。

当連合会は、従前より、地震及び津波による原子力発電所事故の危険性を指摘し

、原子力発電所の新増設の停止と既存の原子力発電所の段階的廃止を訴えてきた

(2000年10月6日第43回人権擁護大会決議)。今回の事態は、当連合会

の表明してきた危惧が現実のものとなったものである。今こそ、原子力発電所に

頼ってきた従来のエネルギー政策を抜本的に見直し、エネルギーの消費削減と再

生可能エネルギーなど他のエネルギー源への転換を速やかに図らなければならな

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嗚呼  

S227_004

地震後 石巻市大川小学校の児童が校庭に集められ避難の点呼の

最中 2階建ての校舎を超える津波がおそった。上履きがのこった。

S227_005

高台に集められたわが子が残したかばんのまえで・・・・・

子供が身に着けていたものを必死の探している・

018

子が母親を探し  おばあちゃんが孫を探す。

全員親元に帰してあげたい。被災を受けた中学生もなにか

したいと明るく振舞っているのがいたいたしい。・・・

019

石巻市のこの近くでがん手術後 静養中の実兄がつなみでなくなった。

逃げることもできなかったのだろうか。

見つかったのはそのときから9日目だった。ここには

身元がわからないご600体のご遺体が家族を待っているという。

沖合いや瓦礫の下の今なお行方不明者が・・・。実兄は見つかっただけでも

みんなよりしあわせだった。(写真はテレビより。暖かいソファーで見るテレビ。

渦中の人たちとの大落差。長帳場で体と心を動かさない限り少しも埋まらない。

近くの町にある女川の原発が今なお強い余震にさらされている。

福島原発のことがいっそう心配になってきた・

Untitled_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月 巨大地震発生に際して    わたしの場合 1   

3月11日の 巨大地震発生に際して    わたしの場合    

巨大地震発生に びっくりされ、その後 ラジオに釘づけ状態のことでしょう。私は昨夜から手回し発電のラジオを聴き、電気がついた今朝からテレビを見ています。

今回の地震は広範囲で規模が大きく被害の多様性もあり深刻です。本当に心配です。

私は奇しくも公民館でみんなと阪神の地震について語り合っていた真最中でした

私の郷里はみちのくです。 ラジオやテレビに連日登場する被災地には 実の兄姉と家族、多くの親族がすんでおり気がかりです。が13日現在一切連絡は取れていません。特にガン術後の実兄が海から600m位のところに住んでいます。早く現地にと、いてもたってもいられません。すぐにも行きたいのですが、行く交通手段もなく、市全体が報道からも、救援についてもヘリから吊り上げの映像以外、今のところ一切報道もなく、孤立状態で安否が気がかりです。他の兄はつい100m先まで津波が押し寄せたと甥から今朝やっと電話がありました。しかし他地区のことは不知でした。電気がつかないためか現地は情報難民でした。また大津波警報下のまち(陸地に10キロさかのぼる可能性あるとされる)海岸から5キロの地点にいる孫たちがいるのですが、終日連絡不通状態が続きましたが、大丈夫でした。

日本国中の被災しなかった側の誰もが涙を流しています。生と死の紙一絵の中で親子が救いあい、友人を助け見知らぬ人を救くっている姿に。生と死を分かつ自然の驚異、無慈悲さにやり場のない怒り。南北400キロ、幅150キロの断層が20m動き、地盤沈下が高いところで1mにもおよび マグニチュード9、津波が最大20mの 広域巨大地震でした。この間にすむ同胞の巨大な不幸を目の当たりにしています。

原発の事故が重なります。阪神大震災の数100倍のエネルギーの地震ですから何十年もかかるでしょう。もともと発生の確率が高い別のプレートが悪さをする東海沖(これから30年の間に発生確率87%)、さらに房総沖、東京直下型の地震発生(京都大学防災研報告で指摘)の可能性があります。自然の威力にただただ畏敬、おごることなく自然と共に助け合って生きなければならないでしょう。

今大事なのは 救出、救援これにつきます。被災地への食べ物、水、ガソリン、灯油、医療の集中です。

青森から、茨城までの400キロの海岸沿いの東北のまちまちで何十万人の行方不明者が助けを待っています。難を逃れた被災者も、暗く、寒く底冷えのする避難所で、暖もなく 食べ物もなく、水も切れ、肉親を探し、情報もなく、余震におののいています。

被災しなかった側からの、被災した人たちへの分かち合いの行動は始まったばかりです。どんなことが出来るか、現地の必要受けとめ、必要物資、などを調べ、語り合いませんか。3月11日に突きつけられた現実を共に学ぶスタートにしたい思いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白骨難忘   感恩  有難

ある若い青年が  我が家を辞すとき「ベック グル なんとかーーー」と私の目を見てかたった。聞き取れなかった。

「なんといったの?」紙を差し出し「これに書いてみて」と頼んでみた。 

「白骨難忘」

みたことも、聞いたこともない言葉だった。スペルもきいてみた。baeki doh  mangと書いて

はみたが,正確に聞き、書き取ったとはいえない。しばし考えた。ややあって「なーるほど」

たとえ死んで白骨になっても恩は忘れませんよ、ということなのだ。オーバーな表現だが、

日本語の「ありがとう」だって「有難う」と書いている。「在る (有る)ことが難しいこと

をあなたが私にしてくれた、だから感謝する、ということなのだ。」だけど普段はそんな意味

も、ものともせず挨拶かわりにしている。 彼の国でもそうかもしれない。

でも彼は礼儀正しい立ち居振る舞いの中で「この言葉を使っている。サンキュー、ベリ-マ

ッチfrom the buttom、of my heart,ということであろうか。

またこんなときもあった

ベトナムの日本留学生が日本を離れるため 我が家を訪ねたとき「カンヌ-ン」といったことをおもいだす。『感恩」と彼女は書いてくれた。受けた恩に感謝する。ということなのであろうが、私が,さしたることをしてあげたわけではない。20091218 写真アオギリはたくましく育っていく

私も ベトナムの彼女も、ソウル生まれの彼も 古から 漢字を使ってきた国に育った。

漢字には言霊が宿っている。なんか通ずるものがあった。彼らは週1回家族と連絡を取る

親孝行、子思いの人たちだった。

 私はかってベトナムを訪ねたとき 彼女にはシンポジュームでつききり3日間、通訳をし

ていただいた。イントネーションは??だったが日本語の難しい用語を含め正確だった。

仲間と感心したものだった。小学校の子供2人のお母さん学者だった。

しばらくして政府留学生として東京外大に1年間入学。政府のお金が切れてから 日本

に滞在しもっと勉強したいという。よほど優秀なのか埼玉大ついで、東大の大学院 に受

かってしまった。さあ大変!仲間10人を誘って生活費(学費は奨学金)を5年間おくった。その最後の「カンヌーンだった」。

いまハノイの大学で教鞭をとっている。私に世界へ目を開かせてくれた方でる。こちらから「カンヌーン」だった。

白骨難忘のかたは日にに見えた。 米国のF大学の大学院生で歴史学を専攻

ている30才の青年であった。

驚いたことに彼は  日本の研究者が見向きもしないような第2次大戦前の東京の学生消費組合の資料をあさっていた。彼の私へのヒヤリングの 熱心さに押されて つい熱が入り話は 午前11時から夕方17時まで及んでしまった。彼は日本のT大学院に1年間留学中であるが 私がかって書いた雑文 も、すでによんでいた。。ソウル大学中から日本語と英語を学び アメリカは東海岸の名だたる大学の院生アメリカでは院生博士課程に月30万円の学資を出しているという。世界の若い知識人をアメリカに集めている仕組みがわかる。これに引き替え 学部生は授業料は高く大変だといっていた、

さて何で第2次大戦前の学生消費組合の資料あさっているのか。問題意識の一端をすこし知った。T大と韓国の大学で発表するという。時代は若い知性をもとめている。

こういうことを知るだけでも 73歳の 私のほうから「ありがとう」をいいたい気持ちだ。

 8日たずねきた彼に、私がここで調べたらと人を紹介したら すぐに連絡ついたと電話があった。当然とはいえ礼儀を心得ている。

こういう場合わが息子はどうするだろうか。やはり信ずることにしよう。でもあの親にしてこの子もありもありうるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビキニ死の灰犠牲者の手記にちなんで 生きたい、死にたくない

ビキニ死の灰犠牲者の手記にちなんで

生きたい、死にたくない 

  

1954年9月6日にある協同組合の機関紙に寄稿されたものです

コピーしてきました。記載されたニュースは1954年8月のものなので半世紀すぎてぼろぼろにな

っていました。55年ぶりに表に出た文です。筆者は肝臓病で既に他界しています。

ここでは大幅に削って紹介することにしたい。

「-悪夢なら早く霧散してくれー」

 しかし、夢ではない。-----この病院の先生は 急性汎骨髄症なる難しい病名を私たちに告げた。自分の体の中でどんなことが起こっているのか知りたい。----・・・病気は治ったとしても、果たして妻帯は可能なのだろうか。もし結婚することができたとしても、子々孫々に及ぼす影響はないのだろうか?逃げることも隠れることもできない不安の日々が続いた。

力づけてくれたものは先生方と看護婦さんたちの献身的な看護、そして送られてくる激励の便り、学生たちの心のこもった見舞いだった。―- 都築博士は欧州や米国を廻って帰られ、世界のどこにも放射能症の特効薬はない、そして患者たちに今日は無事、明日のことはなんとも申し上げられないといっておられる。

暗い気持ちになる私たちの心のそこに、生きたい、死にたくない、と思う心はすべてをかなぐり捨てた願いである。 病院生活も百日を越し、ギラギラ照りつける陽光、黒いまでに緑を濃くした木々、そして、せみの鳴き声とともに聞こえてくる私たちの思いは黒潮のかなたへとぶ――」 1954病院にて〇〇

             命の尊厳

私は学生時始めて長崎のヒバクシャに接して衝撃を受け、勤めてからこの手記等に接した。この手記を書いた1ヶ月後に「犠牲者は私を最後にしてほしい」といって久保山愛吉さんが壮絶な死を迎えた

この報が世界を走り全世界的な核廃絶の運動が起こり米ソをしてかく実験を停止をさせることにつながった。しかしこの手記を書いたAさんはじめ23人の多くはその後さんざんな社会的差別や辛酸をなめ殆どはがんなど肝臓障害ですでにこの世にない。手記のAさんも肝臓がん、多発性、肺ガン、結腸がんなくでなっていると記録にある

大石又七さんのこと

存命の大石さんは  子どもの死産にあい、保障対象外として船員保険ももらえず 疫病神(汚染マグロ)を持ってきて漁業に損害を与えたとして差別を受け、「ちかづくものは共産党だからきをつけよう」「マスコミに気をつけ静かにしていよう」といわれ、居づらくなりとうとう焼津から東京に居を移しクリーニング店を開いて糊口をえているという。

彼は20年のながい沈黙のあと次々になくなっていく仲間の魂におされるように発言し始め2007年7月には「ビキニ事件の表と裏」をかいた。かもがわ出版  大石又七著  隠さずに言うと私はページをめくりながら何度も涙をぬぐった。

後世人々は生き証人のしての大石さんらにたいして人類の命の恩人ということだろう。何度かお会いしたが穏やかな方であった。

今年のビキニデーには神主さんも参加していたという。原爆の前には、人々は宗派、、競争、政治 争うことも出来なくなる。勝ち負けもなくなる。思想信条を  超えて人々は手をつながなければ未来まくらい。ビキニデーにちなんで私も73歳を37歳の青年の心に戻して 命こそ宝の心をもって出来ることで 少しでも 家族で  地域で 世界で つながりたい。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »