« ここは地球のてっぺん  朝7時   大地も空も畑も人も包む紅葉  | トップページ | ガキのころは馬鹿だったなーほんとに »

栗山川 房総九十九里浜にそそぐ小さな川

栗山川 房総九十九里浜にそそぐ小さな川

二〇〇五年 秋 川口堰に魚道が出来 

長らく途絶えていた鮭の遡上が始まった

太平洋を回遊してやっとたどり着いた鮭たち

川口で捕獲され 孵化し 放流された鮭たち

4年たち  たくましい遡上がはじまった

ここは栗山川 

鮭の祖先が有史以前からたどった川 

水源地多古や 山田町の谷津田湧水につながる川

しかし 原郷にたどり着く前に 堰で阻まれ 

やむなくコンクリートのうえにのたうち産卵させる川

一生で許されるたった1回だけの産卵だというのに

おびただしい卵が漂い 橙色にうずまき底に固まり

 生のリレーを断ち切らせる川 なんたる無惨  なんたる散乱

連綿とつづいた新たな生への転換はこのようにして断ち切られた

いったい千葉はいつから循環の機会を奪ったのだろうか

回帰のリズム 自然のルールを見失ってから久しい国 この日本

ツケの大きさにきずかずに なすべき事をしないままに 

小欲のため未来の大欲を見失ったGDP信仰の国

この先にあるのはただ 茫漠  茫洋と広がる世界だろうか  

だが ここに

心を痛めて立ち上がり始めた人たちがいる 

横芝 光町からはじまり多古

山田町につながる流域の人たち 

山倉めがけてのぼりゆく鮭に心うたれた多くの人たちがいる

子孫を残すための鮭のパワーのたくましさに感動する若者がいる 

鮭よ戻れと孵化させ放流し続けてきた

栗山川漁協の人たちがいる

鮭が安心して遡上出来るように手をさしのべ始めた人々 

水辺に心を配るあの町この街の里山メンバーがいる

はたして 適うだろうか 

間に合うだろうか 再生できるだろうか

未来永劫  この地に  鮭が安心して産卵できるように

遡上の姿をいつまでも子どもたちが見る事が出来るように

誇りうるふるさとのために

多くの人の心の重ねあいが始まった。

彼はいま確かに再生への蠢動を感じ始めた

蘇生の方法は?その解は?

流域のあのまち この町の

川と海 谷津田に森林  田んぼと畑 が手をつなぎ

古来より奉納の鮭がとりもつ つながりの風土や景観のなかに

感動を取り戻し 感性を呼びさますこと

未来に思いを馳せ鮭の身になって

鮭 =自然を追いつめた わたしたちも手をそめた私欲効率社会

そこかから脱却にギヤチェンジすること

それは

多古米を育て  鮭をはぐくむ水源地に

襲いかかろうとする  産廃 近代の負の遺産

水源地の染井に産廃敷設を許さないことから始めること 

ここは栗山川 

 二〇〇五年  冬

源郷をめざし必死に遡上する鮭たちがいる

森や里地からの清冽な水があることを疑うこともなく

のぼり始めた鮭たちがいる

なんというすばらしい  命の営み  無欲な姿 エネルギーだろか

しかし待っているのはにごった水 コンクリートの産床

 満身創痍の仲間たち

古来生死の転換は自然のリズムの中で行れるはずのものだった

再び心を合わせたい

 満身創痍の鮭の身になって 手をつなぎたい

いきとし生きるもの皆自然のなかにあるという

当たり前のことを識る為に

千葉が恥葉にならないために

水源地に産廃敷設を許さないために

|

« ここは地球のてっぺん  朝7時   大地も空も畑も人も包む紅葉  | トップページ | ガキのころは馬鹿だったなーほんとに »

6六五歳以降で書いたもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022904/38044336

この記事へのトラックバック一覧です: 栗山川 房総九十九里浜にそそぐ小さな川:

« ここは地球のてっぺん  朝7時   大地も空も畑も人も包む紅葉  | トップページ | ガキのころは馬鹿だったなーほんとに »