« 平和って何 だろう  それは 今朝の朝顔 | トップページ | 和波孝禧のヴァイオリン  生で初めて聴いた  »

運動会  こどもたち  孫恩  ほっと

   親恩 でなく 子恩という言葉をつかった昔の祖母がいたという。親恩を押し付けてきた時代の中で

んかほのぼのする。

先週  さる田舎の小学校の運動会をのぞいて見た。

S2010918unndoukai_046

S2010918unndoukai_026 S2010918unndoukai_039

爺さん バーさんが見たところ親以上にきている。

時に 手をたき大声を上げーーーこれはバーさんーーー玉いれ などにも出張っていく。地域ごとに応援席があり

おなじ地域の子供が走ってくるとにわか応援団。地域ごとに応援席があるのは、地域のつながりがまだあるの

これを見ていると爺さん バーさんこそ孫に恩。孫恩だと思う。この学校はまだ田んぼと畑に囲まれている。S2010918unndoukai_054

だからこどもも添付のような絵を描いている。 こどもたちも生活がわかのか

 今日はご馳走様でした。

いつもはお父さんとお母さんは

デザートやドリンクバーを

たのんでくれないけど

 今日はたのんでくれたのでうれしかったです。

(これを書いていたら、お父さんに軽くたたかれました)

 

・・じゃあおやすみなさい・・    

  PM 9時16分15秒

 親の稼ぎに少しは配慮する。この地域の中学校は往復12キロのところ

に通うこところにある。

バスも電車もない。この地域の子供たちはきっとたくましくなることだろう。もやしっ子に育つよりもずっとよ

い。この地域の親たちも子恩を感じるときが来るだろう。

S2010918unndoukai_017_2

か、或はくずれ始まった地域への配慮か。いわゆる都会の学校ではない。

|

« 平和って何 だろう  それは 今朝の朝顔 | トップページ | 和波孝禧のヴァイオリン  生で初めて聴いた  »

A子供や若者からもらったもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運動会  こどもたち  孫恩  ほっと:

« 平和って何 だろう  それは 今朝の朝顔 | トップページ | 和波孝禧のヴァイオリン  生で初めて聴いた  »