« 花と心に囲まれて | トップページ |  友人が多いと長生きする   GDH  幸福の行方  »

里山   里際  春の賑わい   

里山   里際  春の賑わい

  ホタル生息地の清掃   (草刈   水路確保)の際に 沢蟹に出くわしました。S9_054_2 S62_ob_029_2

ホタルも沢蟹も  水がきれいな証拠。  まだかすかに残る谷津田の片鱗には  湧水があります。

斜面林があり  木々や落ち葉が雨水を蓄え  365日 潤して 卵  幼虫の食べ物を提供しています。

休耕田  放置田になったおかげ?で田んぼのときは農薬で絶滅の危機にあったのに  皮肉にもホタル

が生きることになった。草むらには  雉がいた。卵を抱いていた。少なくなった田んぼにはおたまじゃくしから

孵ったばかりの赤ちゃんかえるがうじゃうじゃ。空にはそれを狙ってか  サシバなどが飛翔し  周りは鶯の合唱

おおよしきりやしじゅうがらが春を謳歌している。斜面林の上の台地にはねぎや玉蜀黍  レタスに独活が植えられ

ていた。しかし台地のほとんど52ヘクタールはブルトザーでえぐられ  みどりは既になくと開発休止し見るも無残な

荒地になってしまている。後世の人たちがみどりがコンクリートになり  汚れた水と空気のもとで青息 吐息だとしたら

いったい何のためのGDPなのか、何のための開発か  何のために生きてきたのかいわれることになる。

まだ少し残る里山を残すために何が出来るのか。ホタルと沢蟹に聞いてみたい。

S62_ob_023 Photo

S9_014 S62_ob_036

Photo_3

|

« 花と心に囲まれて | トップページ |  友人が多いと長生きする   GDH  幸福の行方  »

2平和と環境のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022904/35084160

この記事へのトラックバック一覧です: 里山   里際  春の賑わい   :

« 花と心に囲まれて | トップページ |  友人が多いと長生きする   GDH  幸福の行方  »