« 梅林  1500本の梅  横芝の坂田城址梅林  見事 | トップページ | 花  白   佐倉 »

春っていろんな色がある.でもむかしに比べて少なくなった。

<春っていっぱいの色ある.でもむかしに比べて少なくなった。

僕 「春はなんかウキウキするよなー。花があるからかなー」 「そう、まず雪わり草が咲いて、椿、そして梅が咲き、こぶしについで木蓮、水仙、さらに桜が咲く。そうそうその前には菜の花が咲くわ。春っていっぱいの色あるね S20103_21_010_2 僕 「樹木S20103_21_003_3の春の葉っぱの緑もいい。淡い色から変化していくのがいいなあー。でもね、田んぼや畑はどうだろう。君が育ったころはどうだった」

「田んぼには蓮華、畑には大麦、小麦、ソラマメ。春になるとジャガイモやサツマイモの植え付け。とうもろこしやインゲンの種まき。いつも野菜や麦などで青々をしていた」

僕 「今はちがうナー。田んぼは枯れた雑草だらけになってしまった。蓮華なんて見たこともない。畑に大麦、小麦もないし、春一番ではもうもう砂塵が舞い上がる」

「私は花粉症にかかって、目がかゆく、くしゃみが出て、肌がかさかさ・・・イライラ。昔はこんなことなかったのに」 僕 「菜はな黄色。蓮華の紅。麦の緑といった春の彩りは昔のこととなってしまった。めだかの学校もない。コンクリート張りの小川?ではね」 「どうしてそうなってしまったのか。わびしい気持ち」

僕 「それははっきりしている。アメリカに過度に譲歩し依存して輸出主導型の経済を作ってしまったからさ。農産物の輸入が際限なく続き、日本の農業を壊してしまった。結果、自然破壊の急速な展開。止め処もない乱開発。土地投機、土地急騰、ついにバブルははじけ、荒れ果てた国土が残ってしまった。戦後の歴史は 国敗れて山河あり  から 財界富んで山河なし」

「どうしたらいいのかね。孫たちがかわいそうだわ。先だって田んぼを描いた絵が両総用水協同組合から表彰されたといっていたが、あの田んぼも無くなるかしらね」

僕「失ったものは大きかった。里山、里地の荒廃、といった目に見える変化だけじゃなく、一方で浪費と拝金思想がはびこってしまった。モラルと一緒にゴミのポイ捨て。ゴミだらけになっている。命と自然を取り戻すことに本気になれるかどうか。政治の改革のために私たち国民の意識が変襟以外にない意外にないのだが」

「生活の豊かさって何でしょうね。ゆがんだ豊かさは病的だね。根本から変える。期待は孫たちに託してね」「でも今私らは、楽しいよね。朝市でおいしい野菜が手に入るし、貴方はゴミ拾って豊な気分になれるし、近くの人から花の苗をもらったり、狭い庭は今花盛りだし・・・贅沢はしなくても結構豊な気分だし」

僕「70才にして開眼か。粗食で育った僕らには、なんでも食べ物がおいしいし、あの色とりどりの田畑は思い出せるし・・・他人の庭先の花を見て散歩もできるし、年金生活でも結構毛だらけ・・・だ」

Untitled_2

|

« 梅林  1500本の梅  横芝の坂田城址梅林  見事 | トップページ | 花  白   佐倉 »

自分のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春っていろんな色がある.でもむかしに比べて少なくなった。:

« 梅林  1500本の梅  横芝の坂田城址梅林  見事 | トップページ | 花  白   佐倉 »