« 鮭の遡上 | トップページ | 今日15日は  私にとって5×3(ご×み=15)つまりゴミ拾いの日だった。 »

鮭の遡上

栗山川 九十九里浜にそそぐ小さな川

川口堰で捕獲され 人工的に孵化して生まれそだって放流された

どこまで行ったのか4年間もかけて太平洋を回遊してやっとたどり着いた鮭たちがいる。

二〇〇五年秋川口堰に魚道が出来たことで長らく途絶えていた遡上が始まった。

ここは栗山川 

鮭の祖先たちが有史以前からたどった川 

山田町の谷津田湧水のわき出る砂地浅瀬につながる川

原郷にたどり着く前に 堰で阻まれて コンクリートのうえで産卵させる川でもある

彼らにとって一生で許されるたった1回だけの結婚だというのに

おびただしい卵がコンクリートの上を漂い  黄色にうずまいて底に固まり

 そばには無念を秘めて死んだ鮭たち なんたる無惨 

永続するはずの死の生への転換はこのようにして断ち切られた

人はいったいいつから自然の回帰転換の機会を奪ったのだろうか

生きとし生きるもの皆循環のリズムの中にあるというのに

自然の回帰のリズム 自然と人間の関係プロセスを見失って久しい効率一辺倒の工業国

そのツケの大きさにきずかずに ,なすべき事をしないまま生きて71年

この先にはあるのはただ  茫洋と広がる世界 

ここは栗山川  冬

清冽からほど遠いくすんだ水の中を  源郷をめざし必死に遡上する鮭たち

なんというすばらしい  命の営み  無欲な姿  エネルギーだろうか

古来 死の生への転換は このように行われてきたのだろうか

昔は自然な循環のリズムの中で

今は満身創痍の中で

断ち切られんとする死の生への転換 満身創痍からの転換は?

蘇生の方法は?

メダカの会やむくろじ  自然同好会の活動の中に

身近な自然を大切にということ

その中で心に刻印されたこと  その中に解がある

素朴な学生のセンスオブワンダーの中に

解がある、

 

感動を取り戻すこと 

感性を呼び戻すこと

つながりあうこと 怒ること

命の中にビルドインされた人間の価値を信じること

「鮭 =自然」を追いつめた近代社会、市場原理の中で

自然と人間を切り刻ざむグローバリズムからの脱却にギヤチェンジすること

鮭が安心して遡上出来るように現地に

手をさしのべ 時に問題提起してきたメダカの会

産廃から水源地を守るために現地を訪ねたメダカの会

水辺に心を配ってきたメンバー

その思いは水脈のように地下でつながり始めている

鮭を育てる水源地のそばに産廃敷設を許してはならない

という強い思いでつながり始めている

この戦いが成功しないわけはない

許せば千葉県は文字どうり恥葉県の道を歩むことになる

鮭の身になって心を合わせたい

    注恥葉県  全メダカの会  会長命名

高橋晴雄

|

« 鮭の遡上 | トップページ | 今日15日は  私にとって5×3(ご×み=15)つまりゴミ拾いの日だった。 »

2平和と環境のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022904/32562810

この記事へのトラックバック一覧です: 鮭の遡上:

« 鮭の遡上 | トップページ | 今日15日は  私にとって5×3(ご×み=15)つまりゴミ拾いの日だった。 »