« オバマ大統領のノーベル賞受賞にちなんで | トップページ | 被爆アオギリ2世  の植樹 »

枯れ葉ジジーの想定おしゃべり 孫との対話 

枯れ葉ジジーの想定おしゃべり 

 孫とジーの対話 時8年後の2018年の秋

         場所我が家  焼き芋を食べながら

「 孫」 うまそうにたべるねー、年とるほどにイキイキしてみえるよ

「ジジー」うれしいね、そうみえるかい。何を食べてもうまいんだ。こいつは特にうまい。ところで80-20って知ってるかい?

「 孫」  僕が二十歳で ジーチャンんが八十才。

「ジジー」 あっそうか それも言える、でも違う違う。歯の事だ。

「ジジー」 10年前になるかな、近くの歯医者から80歳時にしっかり歯20本を目指せといわれたんだ。

「 孫」  僕は歯をちゃんと磨いてるから達成確実だ。

「ジジー」 馬鹿いえ磨くだけで80までいきれるか。君は野菜を食べてるか、ちゃんと食ってねーだろうが。かむ力は野菜とするめなんだ。するめは値が高いからだめか。でもかめばかむほど味が出る。これが実に歯にいい。顎と脳も刺激してくれる。本読むのと同じだ。これには目が大事だがね。

「 孫」  ジーチャンえらそうなこといっても僕知ってるよ。野菜をちゃんと食べ始めたのは70歳近くなってからだとおばあちゃんから聞いたよ.それにいつも暗いところで本は読むしーーー

「ジジー」 あまりバーさんから聞くな。俺に対する尊敬の気持ちが薄くなる。それこそ君の損だぞヘヘ。とにかく何でもきづいた時が始まりだ。今からでもおそくはないし まだ間に合う。

0307290029

「 孫」  よく言うよ。周りの畑も田んぼも荒れ放題にしておいたのは誰なんだ。新鮮な野菜をいつも食べてるなんてよく言うよ。みんな外国産ばかりじゃないか。ガソリン使って運んでさガス出してさ、とどのつまり温暖化 天変地変の連続じゃないか。おまけに国内の産業つぶして 僕たちの仕事はどうなるのか不安だらけ。若者の失業はひどいよ。ジーチャンがいう原爆だってなくなっていないじゃないか。

「ジジー」うーん。まあーーまあーよい。そのとおりだ 。でも農家も被害者なのだ。

君は 俺の若いころによくにてきたなー。社会への舌鋒はすばらしい。でも自分がどんな信念を持って生きるかは自分の問題だよ。どんなに厳しくても仲間がいれば元気はもらえる。一人ぼっちになるなよ。仲間を一人ぼっちにするなよ。

Spdr_0120_3 S2008601_053

  15年前と今 私の家の周囲

     見てきたベトナムの子も カンボジヤの子も元気だったなー。なぜって彼らには仲間がいるからだ。日本でも敗戦後のひもじい時代は親兄弟近所の人ともよく助け合ったものだ。楽しかったね。阪神淡路地震のときも みんな励ましあっていたなー。

「孫」 うーん、少しはわかった。おじいちゃんのいうとおりかもね。でもどうしてこんなミーイズム社会になったのか。「私は私のために、みんなは私のために」。夢も希望ももてない連帯崩壊社会になったのか.おじいちゃんたちがそうなった原因や事実を僕らにしめしてほしいんだ。すべて鵜呑みにするわけにはいかないが、それを土壌に太陽にむかって考え考え歩きたい。なんちゃって。僕意外にいいこというでしょう。

「ジジー」年寄りのことを鵜呑みにすると間違うぞ。僕の父親の世代はお上{政府}の言うことに従順に従った結果戦争を阻止できなかったばかりか外国に出張っていってたくさん人を殺した。僕の世代は「おかね」の価値だけが一人歩きを始め、お金を持つことが、あたかも社会と人生の最大の価値であるかのような虚構の社会を作ってしまった。その結果3万人の自殺者が10年以上つづくなど人間自身が飲み込まれ、温もりのない社会になってしまった。いじめ、倒産、犯罪、失業、派遣きり、異常気象、農業衰退 競争社会はその結果といえる。

 実はね、お年よりも不安だらけなんだよ

「孫」  ヘーどんな風に。死が恐いから?

「ジジー」 その話は時間がないのであとにしよう。ともかくじいちゃんたちは不安を本当は若い人に見せたくないんだよ。でも事実なんだ。暮らしもぎりぎりだし。

「孫」  年とるのが不安なら後に続く若い僕らも安心して生きられないよ。まだ実感はないけど。一生懸命働いた後の老後が不安なら働く気も削がれるし安心してはたらくことだって出来なくなる。

「ジジー」よく気づいたな。誰でも老後はいずれいく道だものな。僕ら年寄りだって 次の世代が青息吐息で暮らさなくてならないと思って死ぬなんていやだね。だから 若い人も お年よりも 男の人も女の人も  障害のある人も、ない人も

     ともに認め合って 世代や垣根をこえ連携して分かち合いの社会を作る以外にないと思うんだ。これが働く意味が奪われた日本社会の唯一の処方箋、活路だ。

「孫」  おじいちゃんが言っていた、「今さえければ 内さえよければ」の風潮を日本はこえていけるだろうか。

「ジジー」 君さえその気ならできるよ。気の遠くなるような長い時間はかかるだろうね・

      でもそこに基軸を置けば地道な人たちの共創が根気よく始まると思うよ。そのほうが楽しいから。君たちに期待できるかな

「孫」  ハイ。僕たちもおじいちゃんに期待できるかなって言いたい。だってさ、さっき「気づいたときがスタート」といったばかりじゃないか。まだ間に合うと。年取ったからといって逃げてはいけないよ

「ジジー」  まいった。まいった。ぎゃふんS_041

      ―――この対話は80まで生きての話―――

|

« オバマ大統領のノーベル賞受賞にちなんで | トップページ | 被爆アオギリ2世  の植樹 »

A子供や若者からもらったもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 枯れ葉ジジーの想定おしゃべり 孫との対話 :

« オバマ大統領のノーベル賞受賞にちなんで | トップページ | 被爆アオギリ2世  の植樹 »