« 見事な桜    樹齢300年    吉高の桜  続き | トップページ | 63年燃え続く火 »

小中学校の時1番イヤだったことこと何ですか?

1年前学生達に

小中学校の時1番イヤだったことこと何ですか?

思い出に残る1番楽しかったことは何ですか?ときいてみた。

この2つの設問に200人強の学生からレポートが寄せられた。

2_028s

かいつまんでいうとイヤだったことの第1は「勉強 」。第2は「いじめ しかと」。第3位は「部活」であった。それぞれ理由を書いてもらった。

 勉強が嫌いなのは私にもよくわかった。「点数で序列づけ」ための勉強なんて楽しいはずがない。偏差値がこの辺だからと輪切りにされてこの大学のこの学部に入ってきた学生達であった。これはいわゆる有名大学でことである。

 第3位が「部活」にはややとまどった。でもレポートを読み始めると直ぐわかった。やはり指導の先生や先輩後輩関係できつかったことにもよる。もっともきつく苦しかったことと楽しさが表裏の関係のあることも多く単純にはいえないが、大方の部活も競争関係の縛りの中にあるとみていい。

 第2に多かったのは「いじめだが「暴力 言葉  無視」などの事実がおおいこと、その生々しい事実にここまできたかと驚いた。

私には第1第2にみられる競争が人間の直接的関係を弱め「いじめ」を生み出しているとみた。これは20歳前後の青年達の生育過程が市場競争原理主義へ政治社会がシフトしていき格差排除の時代と呼応している。

 

さて1番楽しかったはなにか

S2_026

S2_007 S2_015 

 それはゲームでも お金を使った遊びでも親との旅行でもなかった。団地内の広場や 空き地や 草むらや 学校で仲間と遊び回ったことばかりであった。

バイトも仲間がいて楽しかった部類にはいる。楽しさの場面には必ず「仲間」いる。レポートによって裏付けるとみんなが大きく頷いていた。

そこでここぞとばかり私の授業「非営利協働組織」の目的について語り始めた。いろんな分野で自分が体験した「いやなことを」なくし「楽しいことを増やしていく」こと。自分のこしかたをいかしていく。単に知識として「非営利協同組織」を知っても本当のものにはならない。教育関係に進む人は「自分が受けたいじめ体験」をさせないようにーーーとか何とかいって学生の関心を引きつけようとつとめた

教育、福祉、文化、体育、地域、生活、労働、農業などの分野で「協力社会」「仲間社会」を創る未来への努力をしている組織を紹介しながら講義を進める事にした。もうやめて1年たつ。

金銭関係だけの人間関係を「分かち合いの人間関係」にしていく価値ある「非営利組織」に希望がもてるのはこんな若者からであった。

|

« 見事な桜    樹齢300年    吉高の桜  続き | トップページ | 63年燃え続く火 »

A子供や若者からもらったもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小中学校の時1番イヤだったことこと何ですか?:

« 見事な桜    樹齢300年    吉高の桜  続き | トップページ | 63年燃え続く火 »