« 誰でもよかった | トップページ | 外に出られない苦痛 »

歳とっていいことは  自分のこと

歳とっていいこと 

過去の行きがかりやしがらみにだんだんとらわれなくなるようです。

ナイーブでプリミティブなものに目がいく。子供が可愛いい。自然がきれい。人の人の善意の交歓やぬくもりにやけに惹かれます。でもこれだと単なる好々爺ですね。

S200867_031

しかしまだ好々爺に的的的的がいっぱいついている段階で好々爺的的的が今の段階か。これからだんだん人並みにがとれて行って文字通り好々爺になっていくのかもしれませんが。お陀仏がまつ事になります。

一方的的的がついているお陰か非人間的なものに一層怒りを覚えるようになるようです

仕事をやめ暮らしを地域でみるようになったせいか、若い人より過去の見聞が多少おおいせいか、少し余裕が出来たせいか自分もその中で生きて関わってきた過去社会がもたらしている経済主義ないし競争至上の非人間的側面に素直に気づくことが出来ます。

S200867_007

「物から命へ」「物自体から命のため物の活へ」のパラダイムの転換が求められる時代。もうすぐ人口の4割の高齢者時代。未来の世代、未来の高齢者のためにもちっとはまじめに。でもねー「ごまめの歯ぎしり」になるかもしれないし、「犬の遠吠え」的にもなり得ます。気をつけなければならなりません。歳に相応しい あり方はないものか  見つけたいものです。

                貴方は?S200867_033_2

|

« 誰でもよかった | トップページ | 外に出られない苦痛 »

3この国のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022904/22124765

この記事へのトラックバック一覧です: 歳とっていいことは  自分のこと:

« 誰でもよかった | トップページ | 外に出られない苦痛 »