« 率直な子供たちに有り難う | トップページ | 続き お年寄りが観たバラと藤  »

外の空気吸いたいね

   91,92、87才お年寄りとの会話から

    ○○はいい、いつも連れて行ってくれるし、おいしいし

       ○○デーサービスの日々のお花見散歩から

目に飛び込んできたバラ園のバラを観て

A  さん「まぁーーーきれい、こんなの観るの久しぶりねー」

私   「そうですか、前に観たのはいつでしたか?」

A  さん「数十年ぶり」

Bさん 「 若いときよ」 (ホントかなー、でも80歳代も彼女にとっては若い年

代と思えばそうかもしれない)

スタッフ「プリンセス美智子  それに愛子の名のバラあるよ」

A,Bさん   どれどれとわざわざ戻る。「これですか」「あれ?」

Bさん 「○○はいい。いつも(花見に)連れてきてくれるから」

A  さん「前に(いたところは)はいかなかった。○○はいい」

   C さん 「お昼はおいしい(もの食べれるし)、○○はいい、おしゃべりできる

      し、親切よ  みんな」

            ○○では雨、風のない日は毎日と言っていいくらいお散歩しているようだ

ちなみに短い距離だったが92才のA  さんは杖1っぽんで坂道も歩きとおした。

Bさんは歩いたり車いすに乗ったりしながら、C さんはわたしといっしょにB さんがのる車いすをおしてバラ園を歩いた。乗るよりおすほうが腰にいいといっていた

女性の元気。

これより先いつも外の空気を吸い続ける事が出来ればいつまでも元気でいられるかもしれない。私も90を超える彼女の元気にあやかりたい。でもおそらく無理だろう。地域での男社会にはまだ、元気の素おしゃべり文化が乏しいからだ。

 ひとりぽっちのお年寄りが増えている。

(四街道2006年の国勢調査を観ると 3、2万世帯中1万4百世帯  3世帯に一世帯のわりで65才以上がいる。高齢者の一人暮らしは総世帯の7%の2179世帯と増加の一途をたどっており 男女の比は31となっている。○○のような「非営利の助け合い組織」をもり立てること抜きには未来は暗くなる一方だ)

    ○とはある市の「たすけあいNPO法人 の 住宅地の中にあるデーサービス」。私は521、2日ボランティアで参加。

|

« 率直な子供たちに有り難う | トップページ | 続き お年寄りが観たバラと藤  »

B地域の人から、暮らしから聴いたこと観たこと」カテゴリの記事

コメント

ブログの開設おめでとうございます。
新しい世界が開けて、持ち前の好奇心に火が付いてくるのが目に見えるようです。

私もホームページをはじめて2年、最近では写真に嵌ってしまい更新もままなりません。今では写真を通して顔も知らない人たちとの交流を楽しんでいるところです。

今後を楽しみにしていますね。

          風より

投稿: | 2008年5月27日 (火) 06時03分

古稀・ブログ開設おめでとうございます。
ゆったりした時をおすごしのようですね。
おしゃべりの大切さ実感する日々です。90歳を過ぎても一人暮らしを選ぶ気骨ある方々ともやっぱりおしゃべりですね。

投稿: f.watanabe | 2008年5月27日 (火) 10時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022904/21176205

この記事へのトラックバック一覧です: 外の空気吸いたいね:

« 率直な子供たちに有り難う | トップページ | 続き お年寄りが観たバラと藤  »